美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング

実際に脱毛したのは大人になってからでも、学生の頃から毛の悩みを抱えていた人も多かったのではないでしょうか。しかし、自己処理はカミソリやクリームなど自宅でできることに限られてしまいます。ムダ毛の太さや濃さをコンプレックスに感じていても、自宅でできるムダ毛処理はあくまで毛を剃る除毛でしかなく、原因解決には至りません。

そのため、男女ともに毛の処理をすることが当然となった今では、より多くの未成年が脱毛したくて悩んでいるのではないでしょうか。人によってはムダ毛の悩みが深刻なストレスとなり、成長途中の未成年に悪影響を与えたり、いじめの原因になってしまったりする恐れもあります。深刻な状態になる前に脱毛をさせることも本人のためです。

未成年が脱毛施術を受けるためには、サロン・クリニックごとに条件が異なる場合が多いですが、16歳以上であることと親の同意書が必要とされる場合がほとんどです。ここでは未成年の脱毛や同意書、注意すべき事項について説明していきます。

 

未成年でも脱毛はできるものなのか

結論からいうと脱毛サロン・クリニックのどちらでも、未成年が脱毛することは可能です。脱毛機器や医療が進歩したため、未成年を対象とした脱毛コースを用意しているサロン・クリニックも多くあります。しかし、未成年の施術には「親権者の同伴」か「親権者の同意書」が必要になります。中には「16歳以上」「中学生以上」といった年齢制限がついているところもあり、年齢に達していない場合には親権者の同意があっても施術を受けることはできません。未成年の脱毛条件は店舗によって細かく異なるため、ホームページなどできちんと確認するようにしましょう。

「毛の悩みを親に相談できない」「上手くやれば親にもバレずに脱毛できるのではないか」と考える人もいるでしょう。しかし、脱毛完了までに複数回通院が必要となる上に多額の費用がかかるため、ずっと隠しておくことは難しいでしょう。分割払いする際に契約する医療ローンは未成年の場合、本人名義で組むことはできません。また、未成年が許可を取らずに同意書を書いて店舗に提出してしまった場合でも、お店側が確認の電話を入れるケースもあるため、脱毛の施術を受ける前に親の理解を得ることは必須です。

多くの店舗では初回カウンセリング時に合わせて、申し込み方法や同意書の入手、契約の確認など施術に関わる具体的なことが説明されるようになっています。ホームページから必要書類がダウンロードできる店舗もありますが、余計なトラブルを起こさないためにも、保護者を連れてカウンセリングに行く方がおすすめです。

 

親の理解を得るためのポイントは?

未成年が脱毛するためには、同意書や同伴に備え、親の理解を得る必要があります。

親の理解を得るためには、まず「ムダ毛に真剣に悩んでいることを伝える」ことが重要です。「友達の腕と比べて汚く感じている」「水着を着るストレスで体調を崩した」などムダ毛に真剣に悩んでいて実際にはどのような被害が出ているのか、できるだけ実体験に基づいた話をしましょう。自己処理で済ませればいいじゃないかと言われた場合には、除毛と脱毛の違いや自己処理での肌トラブルについて話すといいでしょう。

他のポイントとして、「価格がお得であることを売り込む」ことが挙げられます。脱毛サロンやクリニックの増加によって料金がどんどん手頃になり、学割が適用できるところも増えています。そのため、学生のうちに脱毛する方がはるかに得であり、店によっては学生の間に申し込めば社会人になっても学割料金のまま施術が受けられるようになっていることを伝えましょう。

加えて「学生のうちに脱毛しないと損をすることを訴える」ことも手です。脱毛が早いほど、毛の悩みや関連したストレスから早く解放されます。その上、自己処理にかけていた時間を有効利用することも可能になります。また、脱毛を完了させるには数カ月に1回のペースで1年以上通う必要があります。しかし、エステやクリニックは平日の17時以降や土日に予約が埋まっている傾向があり、大人になると仕事が忙しく予約が取れないこともしばしばです。平日が振替休日となったり、大学の授業時間を調整できたりする学生の方が、予約に振り回されず素早く脱毛を完了させることができます。

 

未成年が脱毛したい場合に注意すべきこと

成人とは違い、未成年が脱毛する場合に気をつけなければならないことがあります。

クリニックで行われる施術は、レーザーを用いて脱毛を行います。レーザーで毛を再生させる細胞を破壊することによって脱毛できる仕組みとなっています。そのため、未成年の場合には、成長途中の細胞まで破壊してしまう危険性があります。勿論、未成年に合わせてレーザーの照射力を調整も行われるようになっていますが、それでも完全に肌への負担を取り除くことは不可能です。施術に関して考えられる肌トラブルや悪影響、対処法などについて、事前に担当スタッフからの説明を聞いておくようにしましょう。

また、脱毛サロンやクリニックでは男性入店不可になっている店舗もあります。そのような店舗で未成年のカウンセリングや施術に保護者同伴が義務付けられている場合、親権者が男性だと入店できず契約できません。店舗によっては対応してくれるケースもありますが、その店舗が男性入店不可か、対応可能か訪問前に確認するようにしましょう。

未成年でも大学生の場合地元から離れ、親権者が近くにいないケースも珍しくありません。基本的にこのような場合には、同意書を送り、親に署名・捺印してもらって送り返してもらうといった事前準備が必要になります。そのため、訪問の日程を決める際には十分な日数を確保しましょう。ただ、施術の回数は数カ月に1回程度であり、継続した通院が必要となるため、地元がそう遠くない場合や就職先が地元付近である場合などには、地元のサロンやクリニックで施術を受けるように考えてもいいでしょう。

 

未成年におすすめなのはアリシアクリニック

実際に通うクリニックを決めるときには施術費用の他、立地や手数料を考慮に入れると良いでしょう。施術は数カ月に1回の頻度で行われるとはいえ、脱毛を完了させるには1年以上通院する必要があります。そのため、脱毛の総額費用だけでなく、自分の予定に合わせやすいように近場にあること、急な予定変更でもキャンセル料が発生しないようなところがおすすめです。

ここで未成年の脱毛におすすめするのは、アリシアクリニックです。アリシアクリニックは医療脱毛経験者が選ぶクリニックNo.1を誇り、価格満足度及び仕上がり満足度も高い評価を得ています。このクリニックでも未成年の施術には同意書が必要ですが、16歳以上であれば未成年の脱毛にも対応しています。カウンセリング時に保護者同伴か、前もってホームページから親権者同意書を印刷・記入して持ち込むことでカウンセリング当日に契約することができます。

アリシアクリニックでは肌への負担が少ないレーザーを採用しており、施術中に痛みを感じることはほとんどありません。また、肌質が不安な方用に無料でテスト照射を行うことが可能です。支払い方法としては一括払いの他に医療ローンがあります。この医療ローンでは、10回までアリシアクリニックが金利手数料を負担してくれます。その他にも初診や再診、当日キャンセル料がかからず、途中で通院できなくなっても手数料がかからない仕様になっています。加えて、学校帰りやショッピングのついでなどでも寄れる便利な立地に展開しており、コストや手間の面も含めて未成年でも通いやすいクリニックになっています。

 

同意書は忘れないように注意しよう

脱毛エステやクリニックでは機器の進歩によって価格が低下していることや脱毛意識が低年齢層まで広がっていることから、学生のうちから脱毛を始める人が増加しています。

未成年が脱毛を受ける条件として、「中学生以上」「16歳以上」などの年齢制限を設けている店舗もありますが、小学生などの低年齢も受け付けている店舗も少なくありません。しかし、脱毛が早いほど毛に関するストレスや手間が減るからといっても、あまりにも早いうちから施術を受けると成長途中の細胞を破壊してしまい、身体に悪影響を及ぼすリスクが大きいことに注意しましょう。

また、脱毛を完了させるには数カ月に1回のペースで店舗に通う必要があります。そのため、脱毛サロンやクリニックを選ぶ場合には、通いやすい立地にあるか、予定が合わなくなってもキャンセル料は発生しないかなどの面も考慮に入れると良いでしょう。

基本的にどの店舗でも、未成年の施術においては親権者の同意書あるいは親権者の同伴が求められます。親権者が男性の場合は、その店舗が入店できるか事前に確認しておく必要があります。いざ施術を受けようと思っても同意書がなければ施術を受けられなくなるので十分に気をつけておきましょう。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら