美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング

ムダ毛が生える箇所は多く、処理に手間や時間をかけている人は多いでしょう。特に女性の場合、ムダ毛の処理は身だしなみの1つとされています。また、女性はスカートやショートパンツなどを履く機会が多いため、露出しがちなのがヒザ下です。ヒザ下はスネやふくらはぎ、足首などを指します。ムダ毛を放置した場合、ヒザ下は特に目立つ箇所のため、処理に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。実際、多くの女性がムダ毛をなくすためにヒザ下脱毛を行っています。

脱毛の方法にはさまざまな種類があるので、肌質に合った方法を選ぶのが大切です。また、処理の方法によって、期待できる脱毛の効果は異なるため、注意する必要があります。事前にそれぞれのメリットやデメリットを知っておくと、適切な処理を行えるでしょう。ここでは、ヒザ下脱毛の方法や効果について紹介します。

 

ヒザ下への一般的なイメージは?

ヒザ下にムダ毛が生えていると、マイナスイメージが強い傾向にあります。ムダ毛が生えた状態で脚を露出させる格好をすると、さらに目立ってしまうでしょう。

男性と女性で比較したとき、ヒザ下のムダ毛が与える印象は大きく異なります。特に女性の場合は、脚にびっしりとが生えていると男性にネガティブなイメージを抱かせてしまいがちです。ムダ毛の処理をさぼっていると思われ、好感度が下がってしまうかもしれません。

また、ヒザ下はワキやVIOと違って露出の機会が多い箇所のため、特に注意しなければいけないパーツです。薄い色のストッキングやタイツを着用したときは毛の色が透けやすく、目立ちやすくなります。毛が太かったり濃かったりする場合、ストッキングやタイツの網目から毛がはみ出してしまうかもしれません。処理を怠ると毛が伸び、チクチクして不快です。そのため、ヒザ下は1年中ムダ毛の処理を行う必要がある箇所です。

最近は清潔感を求めて、ヒザ下の脱毛を行う男性も増えています。そのような男性は、女性のヒザ下にムダ毛が生えていると、非常に気になるかもしれません。ムダ毛を処理しきれなかった場合、わざわざロングスカートやパンツを履いて隠すのも恥ずかしいでしょう。自信を持って脚を露出するには、ヒザ下の脱毛が必要です。ヒザ下のムダ毛の処理は、女性のマナーともいえるかもしれません。

 

ヒザ下処理の主な手段

ヒザ下のムダ毛を処理する方法には、カミソリや除毛クリームの使用があげられます。また、脱毛サロンや脱毛クリニックを利用する選択肢もあります。それぞれ特徴が異なるため、実際に使用する前に、あらかじめ把握しておくとよいでしょう。

カミソリによる処理は、最も手軽な方法です。剃るだけで処理が行えます。剃れる面積も広いため、処理にかかる時間も短いでしょう。しかし、カミソリにはたくさんのデメリットがあるので注意しなければなりません。ヒザ下の毛は、上から下に向かって生えています。そのため、毛をしっかりと剃れるように下から上に向かってカミソリをあてる人は多いでしょう。このように、毛の生えている方向と逆にカミソリをあてて剃る方法は、逆剃りと呼ばれています。逆剃りは、毛が肌の中に埋まってしまう埋没毛の原因の1つです。また、カミソリは刃物であるため、カミソリをあてると表皮の表面が薄く削られて、肌にダメージがかかります。手軽に行えて便利ですが、肌への負担が非常に大きい処理方法でしょう。

除毛クリームを使用した場合は、肌の表面がきれいな仕上がりになります。除毛クリームは、クリームを塗って数分後に拭き取る処理方法です。クリームに含まれている成分の毛を溶かす作用によって除毛ができます。クリームが溶かすのは肌の表面の毛のみなので、処理を怠れば、再度毛は生えてきてしまうでしょう。

自己処理よりも毛が再生しにくいとされる方法は、脱毛サロンや脱毛クリニックで行う脱毛です。専用の機器を使用するため、しっかりとした脱毛の効果が期待できるでしょう。ダメージを受けた肌のケアも行われるため、処理後の肌トラブルを心配する必要もありません。自分で処理をするのが不安な人におすすめです。

 

クリニックで脱毛する場合の方法は?

脱毛クリニックは医療機関であるため、医療行為に該当する高度な脱毛方法が可能です。そのため、ムダ毛を処理する方法の中では、最も毛が再生しにくいと評価されています。

脱毛クリニックで受けられる脱毛方法は、医療レーザー脱毛です。医療レーザーを使用し、毛や毛根にダメージを与えて脱毛を促す方法になります。ダメージを直接与えるため、高い脱毛の効果があるでしょう。毛や毛根には、メラニン色素と呼ばれる茶色や黒色の色素が含まれています。レーザーはメラニン色素に反応して照射されるため、毛が濃い箇所や密集している箇所には集中してダメージを与えられるでしょう。

医療レーザー脱毛は、毛が生え変わる周期に合わせて施術が行われます。毛が生え変わる時期が最も毛根にダメージを与えやすいためです。毛が生えなくなる程度まで脱毛を進めるには、6回ほどの施術が必要でしょう。2~3カ月に1回施術を受けるので、脱毛が完了するまでにはおよそ1年以上がかかります。しかし、毛質は個人によって違うため、脱毛期間が予定より長くかかったり、短くて済んだりする可能性があるでしょう。

また、医療レーザー脱毛では高出力の医療レーザーを使用するため、痛みを感じる人もいるかもしれません。医療レーザー脱毛による痛みは、輪ゴムで弾くくらいと表現されます。脱毛クリニックでは施術前や施術後に脱毛箇所の冷却を行うので、感じる痛みを抑えられるでしょう。肌へのダメージを軽減させる専用のクリームやジェルを使用したケアも行われます。医療レーザーの出力を調整しながら照射をするため、肌質に合ったスピードの脱毛が可能です。

 

ヒザ下の脱毛施術の効果

医療用レーザー脱毛は、高い脱毛効果を感じやすい方法とされています。毛や毛根に多く含まれている、メラニン色素がポイントです。

メラニン色素は医療レーザーの光を吸収し、熱エネルギーに変換します。熱エネルギーは高熱になるため、毛や毛根に大きなダメージが与えられるでしょう。熱ダメージにより、毛や毛根の細胞が破壊される仕組みになります。

毛を一時的に除去する方法ではなく、毛を生やす作用の毛根を破壊するため、高い確率で毛の再生を防げるでしょう。毛が再生したとしても、毛根に与えられたダメージは残っているので、生えてきた毛は細い・弱いという特徴があります。施術を重ねるごとに毛や毛根の組織は破壊されていくため、施術期間の後半では、ほとんど毛が生えなくなっていくでしょう。

脱毛の効果が出やすい医療レーザー脱毛ですが、状態によっては脱毛の効果を発揮できない場合があります。例えば、毛の色が薄い場合や日焼けをしている場合などです。

毛根や毛の色が薄いと、メラニン色素の量も少なくなります。メラニン色素が少ないと医療レーザーの反応も弱くなるため、脱毛の効果を感じにくくなるのです。毛や毛根の色が薄い人は、あらかじめ相談をするとよいでしょう。

日焼けをしている肌は、メラニン色素の量が通常よりも増えている状態です。医療レーザーが皮膚内のメラニン色素に過剰に反応し、肌へ必要以上のダメージを与えてしまうかもしれません。そのため、赤みや腫れ、ひどい場合はやけどの肌トラブルが現れる可能性があります。日焼けをした際は無理に施術を受けず、看護師やドクターの指示に従いましょう。

 

ヒザ下を脱毛するならクリニックで!

膝の脱毛知識まとめ!施術を受ける前の心構えと料金目安

ヒザ下やワキなどに生えているムダ毛の処理を自分で行うと、手間や時間が多くかかります。間違ったケアを行うと、肌が荒れたり炎症が起きたりするかもしれません。今後も自分で処理を続けるのが心配であれば、脱毛クリニックで医療脱毛を受けるとよいでしょう。医療脱毛は高い効果が期待される脱毛方法とされています。高出力の医療レーザーを毛や毛根に直接照射するため施術期間も短く、処理の時間が取れない人にもおすすめです。完全に施術を終了すれば、毛は生えてこなくなるでしょう。特に、ムダ毛が目立ちやすいヒザ下の脱毛には適している脱毛方法です。しかし、脱毛の期間や効果は毛の濃さや密度によって異なるため、個人差があります。予定していた期間よりも長くかかってしまう場合もあるため、心配な人は早めに施術を受けましょう。また、脱毛クリニックは医療機関であるため、肌トラブルが起こっても適切な対処を行えます。皮膚が弱い人でも安心して施術を受けることが可能です。ムダ毛の処理が気になる人は、毛が再生しにくい医療脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。

 

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら