美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング

ヒゲは男性だけに生えるわけではなく、女性にもうぶ毛のようにうっすら生えるのが一般的です。女性にヒゲが生えていると見た目に気になるだけではなく、メイクのノリも悪くなるのでできるだけ処理をしておきたいという人は多いことでしょう。ヒゲの処理はカミソリや毛抜きなどでも行うことができます。しかし、剃るとチクチクしたり毛が太く見えたり、毛抜きを使うと毛が埋没したり毛穴が黒ずんだりしてしまう恐れがあります。そのため、ヒゲをトラブルなくきれいに処理しようと思ったら、脱毛が良い方法といえるでしょう。脱毛には光脱毛と医療レーザー脱毛、ニードル脱毛の大きく分けると3つあります。今回はその中でもエステサロンで行われる光脱毛に焦点を当てて、ヒゲ脱毛はきちんとできるのか、メリットとデメリットにはどのようなものがあるのかを解説していきます。

光脱毛はヒゲに効果があるのか

光脱毛とは黒い色に反応する特殊な光を用いる脱毛方法です。光がメラニン色素に反応し熱で毛根を傷つけ、傷ついた毛根からは毛が生えにくくなったり次に生える毛が細くなったりして、毛が薄くなるのが光脱毛のメカニズムです。光脱毛は主にエステサロンで行われる脱毛方法で、クリニックで行われる医療レーザー脱毛に比べると光の出力が低めに制限されています。そのため、一般的に光脱毛の脱毛効果は医療レーザー脱毛と比較すると限定的だといわれています。これは、医師免許を持った医師がクリニックで行うのが医療レーザー脱毛であるのに対し、光脱毛の機械は特別な免許を持たない人でも扱えるからです。しかし、光脱毛にもヒゲ脱毛に対して効果はあります。ヒゲを薄くする定番の脱毛方法のひとつは光脱毛であり、機械の威力が弱いからといってヒゲに対して効果がないわけではないということを覚えておいてください。

ヒゲの主な脱毛方法って何?


ヒゲを脱毛する方法には、光脱毛 ・医療レーザー脱毛・ニードル脱毛の3つがあります。光脱毛は特殊な光を使う脱毛方法です。医療レーザー脱毛も同じく、メラニン色素に反応する光を用いて熱で毛根を焼き脱毛を行います。方法がよく似ている2つの脱毛ですが、両者の違いのひとつは扱う光の種類です。光脱毛ではさまざまな波長の光を用いるのに対し、医療レーザー脱毛では単一波長の光を用います。光脱毛は主にインテンスパルスライトで、医療レーザー脱毛で使われる光はダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーといった医療用レーザーです。また、両者の間には出力数にも違いがあります。光脱毛で扱う機械は最大で20ジュール以下である一方、医療レーザー脱毛では最大で60ジュール以下となっています。そのため、単純計算をすると医療レーザー脱毛の方が光脱毛に比べて3倍程度の脱毛効果が期待できるといえるでしょう。ニードル脱毛は、毛穴にプロープという針を刺してそこに電流を流す方法で毛根を破壊する方法です。ニードル脱毛は医療行為とみなされるため、エステサロンでは行えずクリニックでのみ施術を受けることができます。ニードル脱毛の特徴は、3つの脱毛方法の中でもっとも脱毛効果が大きいと実感できる点です。ただし、施術中に感じる痛みも3つの中でもっとも大きいというデメリットがあり、ニードル脱毛では毛穴のひとつひとつに対して針を刺していくため施術に時間もかかります。また、料金も高く、痛みを和らげるために麻酔を使う場合はさらに費用がかかるのもデメリットと呼べる点です。

光脱毛でヒゲを脱毛するメリット

光脱毛の特徴としてまず挙げられるのは、施術費用が安いことです。一般的に、エステサロンで行われる光脱毛はクリニックで行われる脱毛と比較すると安価です。エステサロンによってはキャンペーンを実施しているところもあり、上手に利用すればさらに低価格でヒゲ脱毛を行うことができるでしょう。また、光脱毛は医療レーザー脱毛やニードル脱毛と比較して、施術中に感じる痛みが少ないのも特徴です。理由はすでに述べたように、光脱毛の出力は低めに制限されているからです。医師免許のないエステティシャンでも取り扱える光脱毛は、厳しく出力の最大数が決められています。そのため、脱毛効果があまり高くない分、施術の際に感じる痛みも少なくなっています。光脱毛は照射範囲が広く、広範囲に渡って光を当てることができるため、時間的な効率が良いのもメリットといえるでしょう。ヒゲ脱毛でも鼻下や口周り、アゴ周辺と、広い範囲を脱毛することがあります。時間があまりないという場合でもサッと脱毛が行える点は、忙しい女性にとっては魅力的に映ります。

光脱毛でヒゲを処理するデメリット


光脱毛にはたくさんのメリットがある一方で、少なからずデメリットもあります。光脱毛の最大のデメリットといえるものは、効果が弱い場合があるという点でしょう。光脱毛の光は黒い色に反応しますが、女性のヒゲはうぶ毛程度の薄い色をしていることが多いです。したがって、特にヒゲを光脱毛する場合は光がヒゲの持つメラニン色素に反応しにくく、効果が実感しづらいことがあります。また、脱毛は繰り返していくごとにだんだんと毛が細くなっていきます。そうなると、もっと光が反応しなくなっていくため、施術回数を重ねるごとに脱毛効果を感じることが難しくなってしまいます。ヒゲのように色素の薄い毛を脱毛するなら、医療レーザー脱毛にしたほうが効果を実感しやすいのです。光脱毛は脱毛完了までにかかる期間が長くなるのもデメリットです。医療レーザー脱毛と比べて威力が低い光脱毛では、脱毛効果も弱いため施術を完了するまでに数年程度の時間を要することも珍しくありません。根気強くエステサロンに通い続けなければならず、通うたびに時間や交通費もかかってしまうのが難点です。もうひとつ、光脱毛は永久脱毛ではない点も押さえておきましょう。永久脱毛とうたえるのはクリニックで行う脱毛のみで、エステサロンの脱毛は永久脱毛と名乗ることはできません。光脱毛もだんだんと生えてくる毛を細く薄くしていくのが目的なので、施術が完了してもムダ毛の処理はし続ける必要があります。

光脱毛によるヒゲ脱毛の向き不向き

光脱毛でヒゲを脱毛することに向いている人と向いていない人がいます。これから紹介する向き不向きのタイプを参考にして、自分がどちらかを判断してみてください。光脱毛が向いているタイプは、できるだけ安くヒゲの処理をしたい人です。脱毛に対してあまりお金をかけられない人は、基本的に料金が安いエステサロンの光脱毛を選択すると良いでしょう。また、脱毛の際に感じる痛みをなるべく少なくしたい人も、光脱毛を選択してください。痛みの感じ方には個人差がありますが、光脱毛はその他の脱毛方法に比べると痛みが少ないといわれています。ただし、ヒゲなどの色素が薄い毛に関しては医療レーザー脱毛でも痛みを感じることは少ないと考えられます。そのため、ヒゲ脱毛では痛みについてあまり深く悩む必要はないかもしれません。逆に、光脱毛に向いていないタイプは、高い脱毛効果を得たい人です。光脱毛自体永久脱毛ではないため脱毛効果が高くはない方法ですが、色素の薄いヒゲに対して施術を行う際にはさらに効果は限定的に感じられることも珍しくありません。そのため、脱毛効果を実感するためには長期間に渡ってエステサロンに通う必要が出てきます。少ない施術回数で脱毛を済ませたい人も、光脱毛以外の方法を選択することをおすすめします。「この部分の毛は残したい」など、細部までデザインしたい人にも光脱毛は不向きです。光脱毛は性質上広範囲に光を照射するため、部分的に脱毛することは難しくなっています。

安さ重視なら光脱毛がいい?


費用の安さを重視する人にとっては、光脱毛がヒゲを脱毛するためには適した選択です。できるだけ脱毛にかかる費用を抑えたいというのは多くの人の本音でしょう。しかし、光脱毛の脱毛効果はクリニックで行われる医療レーザー脱毛と比べると小さいものになってしまうため、効果の高さを考えるのならクリニックで施術を受けたほうが良いといえます。光脱毛では何回もエステサロンに通うことになりますが、通う回数によっては医療レーザー脱毛を行った場合よりも最終的にコストが高くつく恐れもあります。したがって、光脱毛でも必ず安く脱毛ができるわけではないことを留意してください。場合によっては、医療レーザー脱毛のほうが高い効果を得られつつも費用も時間も節約できることもあるのです。どの脱毛方法が本当にお得なのかは、さまざまな視点からトータルに考える必要があるでしょう。女性にとってヒゲはもっとも生えていてほしくないムダ毛のひとつです。自分にとってベストな脱毛方法を見極めて、ぜひツルツルのお肌を手に入れてください。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら