美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング

除毛と脱毛の違いをご存じですか。同じような意味で使われている場合も多いですが、両者には明確な違いがあります。それぞれの違いを正しく理解していないと、期待していた効果を得られなかったり、肌を痛めてしまったりするケースもあるので注意が必要です。この記事では、自分に合ったムダ毛の処理方法を選べるように、除毛と脱毛の違いや、メリット・デメリットについて紹介します。

除毛とは?


除毛とは皮膚の表面に生えている毛を一時的に取り除くことです。カミソリや電気シェーバーなどで剃る方法や、除毛剤(除毛クリーム、リムーバーなど)を使って処理する方法があります。痛みが少なくリーズナブルなため、自宅で簡単にケアできるのが大きな特徴です。ただし、除毛しても毛根が残ってしまうため、3~7日程度でまた毛が目立ってしまいます。常にきれいな状態を保つには、定期的な処理が必要になります。

#カミソリで剃る場合
カミソリで剃った場合と除毛剤で処理した場合の違いは、毛先の断面の形状に現れます。カミソリやシェーバーで剃った毛先の断面は平面的で角があり、少し毛が伸びてくると黒い剃り跡が目立ち、チクチク、ザラザラした感じも出てきます。また、カミソリやシェーバーの刃が皮膚の表面を削って、肌を痛めてしまう可能性もあるのです。肌に負担をかけないようにするためには、シェービングクリームやジェルを利用すると良いでしょう。

#除毛剤などで処理する場合
一方、脱毛クリームなどの脱毛剤は毛を溶かして排除するため、処理後の毛先が丸くなり、チクチク、ザラザラ感も少なくきれいに仕上がります。使い方も簡単で、肌に塗って10~15分程度待つだけです。その後、洗い流したり拭き取ったりするだけで、ムダ毛を取り除くことができます。除毛剤が毛を溶かすのは、毛の主成分であるタンパク質を分解する成分が配合されているからです。ただし、毛を溶かす成分が肌に合わない場合があるので、肌が弱い人は要注意です。自分の肌に合うかどうか、小さい範囲でテストしてから利用しましょう。また、独特な臭いがある製品が多く、臭いが気になるという人も多いです。

脱毛とは?

表面に生えている毛だけではなく、毛根から根こそぎ排除するのが脱毛です。エステや脱毛サロン、脱毛クリニックなどの専門施設で施術してもらうのが一般的な方法です。毛抜き、ワックス、家庭用脱毛器などを使用して、自分一人で処理することも可能ですが、専門施設で処理する場合と比較すると効果は限定的なものとなります。本格的に脱毛するためには、専門施設に通う必要があり、費用も期間もかかります。しかし、半永久的に毛を取り除くことができるので、脱毛が完了すれば自己処理は必要ありません。

ただし、元に戻すこともできなくなるので注意が必要です。本格的に脱毛する場合は「本当に脱毛したほうがいいのか」を一時的な事情ではなく、将来を見据えて判断することが大切です。なお、専門の施設で脱毛する場合は、光脱毛やレーザー脱毛といった種類があります。

#光脱毛とは
光脱毛は光を毛根のメラニン組織に当てることでダメージを与え、毛を生えにくくする方法です。脱毛作用はゆるやかで、脱毛が完了するまでに時間がかかります。光の強さや施術する箇所によりますが、完全に脱毛するには12~18回の施術が必要で、期間は2~3年にもおよびます。

#レーザー脱毛とは
レーザー脱毛は医療行為となるため、脱毛クリニックなどの医療機関でしか受けられません。光脱毛より強い出力のレーザーを当てることで毛根のメラニン組織を破壊するため、確実な脱毛効果が期待できます。光脱毛と比較すると早く短期間で脱毛が完了しますが、光よりレーザーのパワーが強いため、痛みを感じることもあるうえに費用も高くなることが多いです。

除毛・脱毛のメリット

除毛・脱毛にはそれぞれメリットとデメリットがあります。違いがわかりやすいように、双方のメリットとデメリットをまとめてみました。まずはメリットについて説明します。

除毛のメリット

除毛のメリットは以下の4つです。
第1に「費用が安い」ことです。カミソリで剃るにしても、除毛クリームなどの除毛剤を使うにしても、それほど費用はかかりません。月々多くて数千円の出費で購入できるものです。電気シェーバーはやや値段が高くなりますが、1台購入すれば頻繁に買い替える必要はありません。
第2に「手軽にできる」ことです。自宅で簡単に、しかも自分一人でムダ毛を処理できるという手軽さも大きなメリットです。いつでも自分の都合の良い時間に処理できます。
第3に「即効性がある」ことです。カミソリや電気シェーバーで剃れば、すぐにムダ毛がなくなります。脱毛クリームは肌に塗ってから10~15分待つ必要がありますが、30分程度の時間があればムダ毛をなくすことが可能です。
第4に「痛みが少ない」ことです。除毛クリームなどの除毛剤は、毛を溶かしてムダ毛を取り除くため痛みはありません。ただし、除毛剤の成分が肌に合わない場合は、肌荒れを起こす可能性があります。カミソリや電気シェーバーを使用する際も基本的に痛みはありません。しかし、肌が弱い場合はカミソリ負けを起こす場合もあります。

脱毛のメリット

脱毛のメリットは次の3つです。
第1は「半永久的に脱毛できる」ことです。専門施設で施術を受けた場合、一度脱毛が完了すれば半永久的に効果が持続します。これが脱毛の最大のメリットです。除毛のような定期的な自己処理が不要になります。一生ムダ毛の処理に煩わされることがなくなるのです。
第2は「全身脱毛ができる」ことです。専門施設で施術を受ければ、自分の手では届きにくい部分も脱毛できます。たとえば、背中やうなじは手が届いても目で確認できないため、ムラができやすい箇所です。専門スタッフに施術してもらえば、自分一人では処理しにくい場所もきれいに仕上がり、全身脱毛も可能です。
第3は「仕上がりがきれい」なことです。除毛の場合、定期的に処理し続ける必要があるため、肌のトラブルで毛穴が目立ってしまうこともあります。しかし、脱毛の場合は一度脱毛してしまえば、それ以上肌を痛めることはありません。毛穴も目立たなくなるので仕上がりがきれいです。なお、脱毛には少なからず痛みを伴う場合が多いですが、麻酔が使えるクリニックを利用すれば、傷みを感じることもなくきれいに脱毛することが可能です。

除毛・脱毛のデメリット


次に、除毛と脱毛のデメリットについて説明します。

除毛のデメリット

除毛のデメリットは3つあります。
1つ目は「肌が弱いと肌荒れしやすい」ことです。除毛剤を使用する場合、除毛成分が肌に合わないケースがあり、肌荒れする可能性があります。特に肌の弱い人は要注意です。はじめて使う除毛剤は、いきなり大きな範囲に塗らずに、小さな範囲に塗って自分の肌に合っているかどうかを確かめてから利用しましょう。また、カミソリやシェーバーで剃る場合、肌を削ってしまういわゆる「カミソリ負け」が起こり、肌がヒリヒリ痛む場合があります。シェービングクリームやジェルを利用して「カミソリ負け」を防ぎましょう。
2つ目は「除毛しにくい箇所がある」ことです。自分の手が届きにくい箇所や、目で確認できない箇所は除毛しにくいです。たとえば、背中、うなじは手が届いたとしても目で確認できません。自分一人では難しいため家族や友人に手伝ってもらうか、その箇所だけ専門施設で脱毛してもらいましょう。
3つ目は「効果が一時的」であることです。除毛しても一定期間が経つと毛がまたすぐに伸びてきます。常にきれいな状態を保つには、定期的に処理する必要があります。一時的でその場しのぎの処理方法のため、永久にムダ毛をなくしたい人には向いていません。

脱毛のデメリット

脱毛のデメリットは4つあります。
1つ目は「費用が高い」ことです。除毛の費用が月々多くて数千円で済むのに対し、専門の脱毛施設に通うには数万円単位の費用がかかります。施術する範囲が狭ければ安く抑えることも可能ですが、施術範囲が広くなると費用もかさんでしまいます。
2つ目は「専門施設へ通う必要がある」ことです。自宅で手軽にできる除毛と比べると、専門施設へ通う必要がある脱毛は面倒です。日中仕事をしていれば、行ける日は限られてしまいます。施設の予約もしなければなりません。自宅の近くに専門施設があればまだいいのですが、遠い場所にあると交通費もかかってしまいます。
3つ目は「時間がかかる」ことです。完全に脱毛するまでには何度も専門施設に通わなければなりません。通う回数は脱毛する箇所や範囲によって変わってきます。医療脱毛なら1年程度が目安となりますが、エステやサロン脱毛では2~3年かかることもあります。
4つ目は「痛みがある」ことです。脱毛は光やレーザーを肌に照射するため、少なからず痛みを感じます。特にレーザー脱毛は効果が高い反面、レーザーの出力も強いため痛みも感じやすくなります。痛みの度合いは施術する箇所や人によってさまざまですが、なかには耐えられないほど苦痛に感じるケースもあります。中には痛みを感じにくいレーザー脱毛機を採用しているクリニックもありますので事前に確認できると良いでしょう。

自身に合う方法を選ぼう!

除毛、脱毛にはそれぞれメリットとデメリットがあります。除毛と脱毛の違いを理解して、自分の肌の状態や目的に合った方法を選ぶことが大切です。自己処理の手間を大幅に省きたい場合は、脱毛サロンやクリニック行くと良いでしょう。特に医療脱毛がおすすめです。費用はかかりますが、安全できれいにムダ毛を処理したい人には最適な方法です。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら