美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング

久しぶりにノースリーブのシャツを着て出かけたら、「そういえば、いつワキの毛の処理しただろう」と焦ってしまったことはありませんか。面倒なムダ毛の処理から解放されるために脱毛をしたいと思っていても、「金額が高そう」「時間がなくて通えない」「スタッフに見られるのが恥ずかしい」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そんな人におすすめしたいのが、家庭用レーザー脱毛器です。家庭用脱毛器もいろんなメーカーから出ていて、値段もピンキリといろいろありすぎて、どれを選べばいいのかわからないでしょう。実際に試してみることもできませんし、本当に効果があるのかも心配です。家庭用脱毛器は安い買い物ではありませんし、年単位の長期間で使用するものですから、絶対に失敗したくありません。家庭用脱毛器の問題点と、選ぶときに押さえておきたいポイント、おすすめ商品など、家庭用レーザー脱毛器についてご紹介します。

家庭用レーザー脱毛器の効果

家庭用レーザー脱毛器は効果があるかどうか、一番気になるところではないでしょうか。残念ながら、クリニックの医療レーザー脱毛と比べると、やはり効果は落ちます。実は家庭用レーザー脱毛器では安全面を考慮してレーザーの出力が弱いため、毛を薄くするくらいは可能ですが、永久脱毛はできません。レーザーで発毛を促す細胞を、熱で破壊する永久脱毛は医療行為となるため、医師が常駐するクリニックでしか行えないのです。つまり、家庭用レーザー脱毛器はもちろん、脱毛サロンでも永久脱毛はできないということになります。しかし、まったく効果がないというわけではありません。脱毛サロンと変わらないくらい効果の高い脱毛器も増えています。濃い毛を薄くしたり、毛量を減らしたりする効果は十分に期待できます。

家庭用レーザー脱毛器の問題点って?

家で手軽にサロン並みの脱毛ができる、高性能な家庭用レーザー脱毛器もたくさん出ています。気軽に始められて、スタッフに見られて恥ずかしい思いもしなくて済みます。予約をしたり、通ったりと面倒なこともなくメリットの多い家庭用脱毛器ですが、いくつか問題点もあるのです。脱毛器選びで失敗しないために、購入前におさえておきましょう。
1.痛みが強め
家庭用レーザー脱毛器の欠点は、なんといっても痛みが強いことがではないでしょうか。レーザー脱毛は肌への刺激が強く、どうしても痛みが伴います。部位によって痛みも異なりますが、毛の濃い部位や、皮膚の薄い部位は特に痛みが強く感じます。1か所2か所程度なら我慢できるレベルでも、それが何十か所となるとかなり苦痛に感じるでしょう。脱毛前後に、アイスノンなどで冷やしながら行うと、痛みが和らぐでしょう。
2.カードリッジ交換ができない場合がある
フラッシュ式脱毛機ならカートリッジ交換ができる機種もありますが、レーザー式脱毛機にはカートリッジがない場合がほとんどです。バッテリーには寿命があるため、光源の寿命がくれば、本体ごと買い替えるか使い捨てになってしまう可能性が高いです。
3.本体が重い
極端に重いわけではありませんが、自分で脱毛するとなると、片手で持ち、長時間使用します。だんだん重みを感じて腕がだるく、疲れてくる人も多いようです。
4.照射面積が狭い
照射面積とは、1ショットで脱毛できる面積のことです。照射面積が狭いと、光を当てていない場所ができ、照射漏れがおきてムラになりキレイに仕上がりません。また照射面積が狭いと、脱毛にも時間がかかるというデメリットもあります。

家庭用脱毛器を選ぶときのポイントは?

家庭用脱毛器を選ぶときは、問題点をふまえた上で、押さえておきたいポイントがいくつかあります。ただ単純に本体価格だけを見て購入すると、後から「実はカートリッジの交換が必要だった」「すぐに寿命がつきた」など、かえって高くつくこともあります。家庭用脱毛器の選ぶときに重要なポイントを8つご紹介します。ここさえ押さえておけば、購入後に失敗することはないでしょう。
1.照射範囲
照射範囲が広いと、ムラなくキレイに仕上がります。照射回数が少なく済むので、短時間で脱毛が可能です。
2.照射出力の調整機能
照射出力の強弱が選べる機能です。デリケートな部分や痛みが強い場合は出力を弱めて、濃く太い毛には出力を強くして使うなどができます。脱毛箇所や肌の状態に合わせて調整ができると、効果も出やすくなります。
3.連続照射機能
1発の照射が1回で終わるか、1発を複数回に分けるかの設定です。1発の照射を複数回に分けた方が肌への負担は少ないです。
4.脱毛機の寿命
レーザー脱毛機の場合、カートリッジがないので、ある程度脱毛して、光源の寿命がくると使い捨てになるか、買い替える必要があります。当然寿命の長いものを選びましょう。
5.脱毛できる箇所
脱毛機には処理できない箇所があるものがあります。例えばデリケートゾーンや顔などは処理できない機種がほとんどです。処理できない箇所に使うと、肌トラブルの原因になりますので、購入前には、自分が脱毛したい箇所が処理できるのかを確認しましょう。
6.脱毛器の重さ
うなじやワキなどに使うとき、本体が重たいと長時間の使用で腕がだるく疲れてしまいます。購入前に持ってみて重さの確認をすることをおすすめします。
7.脱毛器の価格
家庭用脱毛器を選ぶときは、本体価格ではなく1ショットコストで選びましょう。本体価格が安くても、寿命が短いと、結局高くついてしまいます。脱毛機は何年も長期間使うものですから、ランニングコストは重要です。
8.美顔機能の有無
あればうれしいのが美顔機能です。カートリッジを交換すれば美顔器に変わる機種もあります。脱毛の後の肌ケアだけでなく、毎日のスキンケアにも使え、肌状態を整えられます。

確かな効果を得たいならプロの医療レーザー脱毛で!

確実に効果を得たいなら、やはりプロの医療レーザー脱毛がおすすめです。医療レーザーは、脱毛サロンや家庭用脱毛器に比べると高額なイメージを持つ人も多いと思いかもしれません。しかし、実は医療レーザーの方が1回の効果が高いので短期間で終了するため、1回あたりの金額は安く済むこともあるのです。決定的な違いは、使用する脱毛機の出力です。サロンや家庭用脱毛器は、肌トラブルが起きた場合の対処ができないため、出力の弱いレーザーを何回も照射する必要があり、時間もかかります。それでも永久に脱毛することは難しく、毛は何度も再生してきます。医療レーザーは医師が常駐しているため、何かトラブルが起きてもすぐに対処できるため、出力の強い脱毛機を使用できるのです。そのため、1回の照射の効果は高く、短期間で脱毛が完了します。医師がいない脱毛サロンでは、毛根を熱で破壊する行為は医師法で禁止されているためできません。そのため、永久脱毛は医師が常駐するクリニックでしか行えないのです。脱毛には肌荒れややけどなど、さまざまなトラブルが起きるリスクがあります。医師が常駐しているクリニックなら、万が一のときにもすぐに処置してもらえ、薬を処方してもらうこともできるのです。診察で肌の状態をしっかりチェックしてもらい、資格を持つ専門医が施術を行うので、安心して施術を受けられます。
強力な脱毛機で、確実に短期間に脱毛できる医療レーザーは、意外にお得かもしれません。また、家庭用脱毛器か医療レーザーか、どちらかひとつを選ぶのではなく、広い箇所やデリケートな箇所の脱毛は医療レーザーで、脇や腕など小範囲な脱毛は家庭用脱毛器を使うなど、併用するのもいいでしょう。脱毛は長期間かかる大変な作業です。ストレスなく長く続けられるように、自分に合ったやり方で、キレイなすべすべお肌を目指しましょう。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら