美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング

女性を中心に「永久脱毛」を行う人はたくさんいます。一方で、普通の脱毛との違いを正しく理解していない人も多いのではないでしょうか。永久脱毛には特有の方法があり、デメリットへの対策も考えておかなくてはなりません。この記事では、永久脱毛を施してもらうときのデメリットを克服する方法について解説していきます。

永久脱毛とは

そもそも、永久脱毛とは「永久に毛が生えてこなくなる脱毛」のことではありません。そう思っている人は多いものの、実際には「毛が新しく生えてくる確率を大きく下げるための施術」を意味しています。正確には、最後に施術してから1カ月後、毛が生えてくる確率が20%以下の施術を永久脱毛と呼んでいます。そして、3回の脱毛施術後、6カ月が経って3分の2(67%)以上の毛が減っていることも定義のひとつです。これらの定義は米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によって設けられました。ただ、普通に過ごしているときに生えてくる毛の量と比べれば、肌がかなりキレイになる方法とはいえるでしょう。

永久脱毛に該当するのは「レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」です。いずれも毛乳頭の細胞を破壊して、毛が新しく生えないようにする方式です。ちなみに、いずれの方式も医療機関でしか認められていません。医療機関以外の施設が、医療機関並みの強い光で施術をするのは違法行為にあたります。さらに、「永久脱毛」という言葉自体も医療機関だけが使用できます。ワックスをはじめとして、脱毛にはさまざまな方式があるものの、レーザーとニードル以外は「永久」と名乗れません。すなわち、永久脱毛を行いたい人は医療機関に相談する必要があるのです。

永久脱毛の方法

レーザーとニードルだけが、永久脱毛と呼べる施術方法となります。ただ、まったく脱毛に詳しくない人は、いずれの方式を選ぶべきなのか分からないでしょう。そもそもの仕組みが分かっていないと、不安も大きくなるはずです。それぞれのメリットとデメリットを検討すれば、自分に合った脱毛が見えてきます。以下、永久脱毛の方法を説明していきます。

レーザー脱毛

一般的に「医療脱毛」とも呼ばれる方式です。高周波のレーザーを肌に照射し、毛乳頭の細胞を破壊していきます。レーザーは黒を司る色素である、「メラニン」だけに反応する仕組みです。そのため、毛根以外の肌が刺激される可能性は少なく、効率的に脱毛を進めていける方法です。ただし、レーザーの照射量が高いので、取り扱いには特別な許可を要します。そのため、レーザー脱毛は医療行為となり、医師など資格を有する者でないと実施できません。専門知識を持つプロがレーザーを扱うからこそ、確実に永久脱毛へと近づけます。

レーザー脱毛のメリットは、「完了までの期間が短い」ことです。脱毛とは、1、2回の施術で効果を得られるものではありません。すぐにまた毛が生えてくるので、繰り返し施術を行う必要があります。しかし、レーザー脱毛は5回程度で施術が完了します。施術ごとの間隔は置かなくてはならないものの、1年ほどで永久脱毛できるのです。サロンの光脱毛と原理は似ているものの、はるかに短期間で施術を終えられるのが魅力です。一方、費用が多額になるのはデメリットだといえます。多少お金がかかっても、早く脱毛したい人にはおすすめです。

ニードル脱毛

特別仕様の細い針を使った脱毛です。針を毛根に刺した状態で電流を流し、ダメージを与えます。毛根の細胞が電流によって破壊され、新しい毛が生えにくくなるシステムです。ニードル脱毛では、毛穴に一つひとつ針を刺していくことで施術を行います。そのため、広範囲の毛穴を同時に照射していく、レーザー脱毛や光脱毛とは根本的に原理が異なるといえるでしょう。

ニードル脱毛のメリットは「確実性」です。毛穴にしっかりダメージを与えることができるので、漏れがなくなります。また、レーザー脱毛はメラニン色素に対して行う施術なので、肌が黒い人には期待通りの効果が出ないこともあります。日焼けしている人に対しても効果が薄まるのはデメリットです。ニードル脱毛は相手の肌の色に関係なく、施術を進めることができます。さらに、毛の質も施術に影響しません。細い毛や薄い毛も正確に脱毛できるので、産毛対策としてもぴったりです。

デメリットは、「時間がかかる」ことです。針を希望した箇所にあるすべての毛穴に刺していくので、どうしても時間を要します。忙しい中、脱毛のスケジュールを組みたい人には不向きです。逆に、時間が長引いてもいいので、確実に脱毛したい人には適しています。

永久脱毛を行うメリット

最大のメリットは「脱毛効果がほぼ永久に続く」ことです。もちろん、本当に永久の効果があるわけではありません。効果には個人差もあります。ただ、ほかの施術と比べるとかなり長い間毛が生えてこなくなるので、自己処理の手間から解放されます。また、ムダ毛を隠すためにファッションを制限されるようなことも少なくなるでしょう。

次に、「安全性」も重要です。永久脱毛は医療機関で行われるので、専門的な知識を持った医師や看護師がサポートしてくれます。施術のスキルはもちろん、痛みや腫れを軽減させるアフターケアにも精通しています。万が一、施術によるトラブルが発生しても診療や薬の処方箋で対応可能です。そのほか、脱毛に関する悩みも気軽に相談できます。サロンでは、ここまでのサービスを期待しにくいでしょう。

そして、「施術にかかる時間」も魅力です。光脱毛と比べてレーザー脱毛は照射のパワーが強く、短期間で脱毛効果を得られます。「迫ってきた夏に向けて脱毛をしたい」といったケースに対応できることも珍しくありません。そのうえ、効果も持続的です。一度施術が完了すれば、しばらくは再び脱毛へと通う必要がなくなります。本人の負担が少ないという面で、永久脱毛は非常に便利な方式です。

永久脱毛を行うデメリット

強いて挙げるなら「施術中の痛み」です。ニードル脱毛は針を肌に刺す施術なので、どうしても痛みを感じてしまいます。そのうえ、電流を流すため、レーザーや光と比べるとかなりの激痛が走ることも珍しくありません。ニードルに比べれば、レーザーは永久脱毛の方式として、やや痛みがやわらぐといえます。ただし、レーザーのパワーが強いのでまったく痛みを感じないというわけにはいきません。また、日焼けしてメラニン色素が増えているときなどは、レーザーに刺激される範囲も広がるので刺激が強くなってしまいます。永久脱毛では効果と引き換えに、痛みをある程度覚悟しておくべきでしょう。

ただ、ワックス脱毛など、苦痛をともなう方式は他にもあります。そして、これらの施術と比べれば、レーザーやニードルは効果が持続するぶん、メリットがあるといえるでしょう。それに、施術中の痛みはスタッフのテクニックによる部分も少なくありません。ベテランのスタッフが担当してくれれば、施術中の痛みはある程度やわらぎます。それに、あまりにも痛みがひどかった場合、医療機関では的確なケアも施してくれます。不安がある人は、施設にどのようなサポートがあるのか聞いてみましょう。

痛みは抑えられる!

医療脱毛の痛みを抑えるにはいっそ「麻酔」を使う方法もあります。ワックス脱毛や光脱毛を行っているサロンでは、痛みをやわらげるために麻酔を用いることができません。麻酔は医療行為にあたるので、脱毛クリニックでしか認められていないのです。専門資格を持った医師がいる施設だからこそ、麻酔を投与してから施術を行うことが可能です。麻酔を使うと、「効果が高まる」というメリットも発生します。施術中に痛みを感じなくなるので、レーザーの照射量を上げることができるからです。その結果、1度の施術で多くの細胞を破壊でき、脱毛効果が表れるまでの期間が短くなります。

麻酔の中では、クリームタイプが人気です。特定の箇所に塗るだけで痛みを感じなくなるため、脱毛の初心者でも安心です。一方、通常の手術と同じガスタイプの麻酔を採用している施設も少なくありません。ガスだと麻酔がすぐに効き始めるのでスムーズに施術へと移行できます。施術の時間を短縮するには、ぴったりの方法です。なお、麻酔の料金はオプションになることが多く、1000~3000円程度が相場です。脱毛にかかる費用全体と比べると、決して高い額ではないので気軽に申し込んでみましょう。

アリシアなら安心して永久脱毛できる!

永久脱毛のメリットとデメリットを理解できましたか。効果やスピードなど、さまざまな面で永久脱毛には魅力があります。ただ、痛みをともなうというデメリットが気になる人も多いでしょう。その場合、麻酔によって施術の不安はやわらぎます。アリシアクリニックでは患者さんの思いを聞いたうえで、心も体もケアしながら施術を進めていくので安心です。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら