美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング

VIOラインの中でもっとも人目につきやすいのが、ビキニラインにあたる「Vライン」です。そのため、Vラインを脱毛したいと考えている女性は少なくありません。しかし、興味はあっても脱毛に躊躇してしまう人は「痛み」についての不安があるからでしょう。

脱毛の方式はさまざまであり、痛みが強いものもあれば弱いものもあります。たとえば、医療レーザー脱毛は効果が現れやすい施術ですが、どうしても無感覚ではいられません。

「美しくなりたいけど痛いのは嫌だ」と思う女性が踏み切れないのも当然でしょう。ただし、脱毛の技術は向上しており、かつての施術と比べると痛みを軽減する方法は増えています。

また、本人の心がけ次第で脱毛のダメージを抑えることも十分に可能です。この記事では、Vライン脱毛における痛みの度合いや対策について詳しく解説していきます。

 

Vライン脱毛の痛みの原因

脱毛を行う際、手足にせよ脇にせよ、まったく何も感じずに施術が終わるケースは多くありません。

たとえば、医療レーザー脱毛では毛乳頭を熱で破壊し、新しい毛が生えてこないようにします。細胞を傷つけるからには、痛みをともなうのは仕方ないといえるでしょう。中でも、Vラインは他の部位と比べて特に痛みが激しくなる特徴があります。理由としては、Vライン周辺は色素沈着が起こりやすいからです。

医療レーザーは「メラニン」という色素に反応して細胞を破壊します。メラニンは黒を司る色素です。メラニンによって医療レーザーは「体毛が生えてくる毛乳頭」と「それ以外の細胞」を選別し、脱毛を行います。

ところが、メラニンを含んでいるのは体毛だけではありません。ほくろ、シミなどもメラニンが沈着したために起こる現象です。医療レーザーはほくろやシミのメラニンにも反応し、毛乳頭以外の細胞にも及んでしまいます。そのため、Vラインの脱毛では痛みが増すのです。毛量の多さも痛みに関係あるでしょう。

医療脱毛では施術前の自己処理が重要視されます。毛が肌に残っていると、レーザーが毛を焼いてしまうので火傷するリスクが高まるからです。しかし、Vラインは毛量が多く剃り残しなどが起きやすい場所です。そのうえ、Vラインの皮膚は薄いのでレーザーの熱にも敏感に反応します。

結果的に、「Vライン脱毛は痛い」というイメージが定着してしまったのです。しかし、実際のところVライン脱毛の痛みには個人差があります。また、施術前後の取り組みを工夫することで、痛みを抑えることもできます。絶対にVラインを脱毛すると痛みが残るとも言い切れません。事前にVライン脱毛の仕組みと注意点について、専門家から聞いておくといいでしょう。

 

Vライン脱毛はどれくらい痛いの?

 

脱毛では方式によって大きく痛みが異なります。たとえば、Vライン脱毛で有名な「ブラジリアンワックス」は激しい痛みを避けられません。ワックスの粘着力を利用し、アンダーヘアを抜いていくという仕組みなので、肌へのダメージは相当あります。比較的安全かつ、確実に脱毛が行える方式として「医療レーザー脱毛」と「光脱毛」が人気を集めるようになりました。

光脱毛の術式はレーザー脱毛に似ています。違うのは、レーザーではなく特殊な光によって毛乳頭を破壊し、脱毛へといたる点です。光脱毛が人気なのは「施術時間の短さ」「費用の安さ」などに加えて「痛みの少なさ」があるからです。人によってはまったく痛みを感じないまま施術を終えることもありえます。特に、Vラインのようなデリケートゾーンに関しては光脱毛を選択する女性が少なくありません。

一方、医療レーザー脱毛は「冷や汗が出るほどの痛み」「思わず声が出るほどの痛み」などを感じる人もいます。脱毛の痛みは体質、当日のコンディションにもよるので断定しにくいものですが、少なくとも「光脱毛は医療レーザー脱毛よりも痛くない」とはいえるでしょう。それでも、医療レーザー脱毛を選ぶ人がたくさんいるのは、光脱毛だと永久脱毛ができないからです。

光脱毛があまり痛くないのは、光の照射量が少ないからです。光脱毛は肌へのダメージが小さいかわりに、毛乳頭を完全には破壊できません。そのため、時間が経過したらまた毛は生えてきます。医療レーザー脱毛は照射量が多いので痛みこそ現れますが、毛乳頭の機能を完全停止できます。永久脱毛を目指すなら医療レーザー脱毛がおすすめです。ただし、一度永久脱毛してしまった部位からは二度と毛は生えてこなくなるため、術式は慎重に選ぶようにしましょう。

 

痛みを軽くするためにできること

 

医療レーザー脱毛の痛みについては、本人の工夫で抑えられる場合があります。たとえば、「乾燥」に対する意識は重要でしょう。乾燥した肌は外部からの刺激に弱くなり、肌荒れ、腫れなどが起こりやすくなります。乾燥肌に医療レーザー脱毛のような強い熱を照射されると痛くなるのは避けられません。

脱毛を決意したら、普段から保湿ケアを行って肌の潤いを保ちましょう。保湿クリームをこまめに塗って肌のコンディションを整えるのは基本です。また、肌に影響する「飲酒」や「激しい運動」などは控えめにするようにしましょう。そして、日焼けも脱毛における天敵です。日焼けをした肌にはメラニン色素が充満しているので脱毛のダメージは強まります。しかも、毛乳頭まで医療レーザー脱毛が浸透しにくくなるので効果が低くなってしまいます。場合によっては、施術を断られてしまうこともあるので、脱毛中は紫外線カットの意識を強く持ちましょう。

「生理前後・体調不良のときの施術をしないようにする」のも痛み軽減のためには大切です。生理期間中、女性の体は普段より敏感になっています。いつもなら気にならない刺激にも過敏に反応しがちです。個人差はあるものの、医療レーザー脱毛も耐えられないほど痛くなる恐れがあります。また、生理期間中や体調不良時には免疫力が落ちるうえ、ホルモンバランスも乱れる傾向が見られます。痛みの耐性が薄まっている状態で脱毛を行うのは危険なので止めておきましょう。痛みのストレスでより体調が悪化する結果にもなりかねません。

心理的な痛み対策としては「他に痛かった出来事を思い出す」のも効果的です。医療レーザー脱毛は確かに痛い施術ですが、「人生で一番痛い」といえるほどではありません。虫歯治療、スポーツによる怪我、交通事故など過去に受けた痛みを思い出しましょう。「それよりはましな痛み」だと思えたら、医療レーザー脱毛に挑む気持ちも楽になります。

 

脱毛クリニックが痛み対策でしてくれること

痛みに弱かったり、痛みがつらかった経験があったりする場合にはドクターのいるクリニックで対策をとってもらいましょう。

たとえば、多くのクリニックでは「麻酔クリーム」を用いて施術の痛みを軽減しています。麻酔クリームとは肌の感覚を麻痺させるアイテムです。そのため、クリーム使用後の肌はレーザーを照射されても痛みを感じません。ただし、クリームの効き目があるのはあくまで肌の表面だけであり、毛乳頭のある深層部の痛みはそれほど消えないので注意しましょう。

麻酔クリームに不安がある人は「笑気麻酔」があるかどうかをクリニックに確かめるのがおすすめです。笑気麻酔は感覚そのものに効果を及ぼしません。しかし、気体状の麻酔を吸い込むと頭が呆けて外部からの刺激に注意を払えなくなります。笑気麻酔にはリラックス効果もあるので、脱毛への緊張感が取れない人にも有効です。笑気麻酔は決して体に害のある成分が含まれている麻酔ではなく、誰でも安心して利用できます。

麻酔以外にも、クリニックではさまざまな工夫をして利用者のストレスを減らしています。施術中は冷却用の風をあててくれますし、施術直後は冷却ジェルを塗ってくれます。ダメージを引きずらないためにも、デリケートゾーンを冷やすことはとても重要です。

また、スタッフは利用者とコミュニケーションをとって緊張をほぐすよう努めます。緊張していると体が強ばって痛みを感じやすくなります。また、些細な痛みにも過敏に反応してしまい、施術が進まなくなるでしょう。スタッフは利用者の心のケアまで心得ているプロフェッショナルです。不安を抱かずに施術へ挑めるよう、細心の注意を払ってくれます。スタッフの経験や技量によっても医療レーザー脱毛の痛みは異なるので、クリニック選びは妥協しないようにしましょう。

 

痛いときには無理せず麻酔を!

 

 

脱毛はさまざまな場所で、それぞれの方式によって行えます。

脱毛クリニックをおすすめできる理由の1つが「痛みについてのケア」でしょう。クリニックのスタッフは医療知識が豊富で利用者の不安にも的確な答えを用意しています。そして、痛みが我慢できない利用者には麻酔などの対策で恐怖を緩和してくれます。

脱毛を始めると長い間、同じ場所へ通院しなければいけません。痛みがストレスになって脱毛をあきらめる結果にならないよう、信頼できる施設で脱毛を目指しましょう。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら