美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング
高校生は美容への意識が高まり、周囲と自分の違いが気になり始める年ごろです。

そのため、今まで何も思わなかった体の特徴がコンプレックスに変わる人も多いでしょう。

たとえば、体毛は多くの高校生にとって重要な問題です。繊細な思春期の心では、決して体毛が濃くない人でも「周りから笑われていないか」「自分の体はおかしいのではないか」と不安になりがちです。体毛について思い悩むあまり、性格が消極的になるなどの弊害にまで発展するケースも少なくないのです。どうしても気になるようであれば、脱毛に踏み切るのも1つの方法でしょう。

脱毛は大人だけの問題ではなく、高校生がコンプレックスを解消して自分に自信を持つためにも役立ちます。ただし、高校生ならではの脱毛の注意点も覚えておきたいところです。

ここでは、高校生が脱毛をするメリットや注意点を解説します。

高校生が脱毛するのは当たり前なの?実状は?

高校生が脱毛したいとき、あまり良い顔をしない保護者もいます。なぜなら「高校生が脱毛をするのはまだ早い」という思い込みがあるからです。また、「自然なままで十分きれい」「高校生に脱毛の費用は高すぎる」と考える大人もいるでしょう。しかし、実際には脱毛を行う高校生が増えています。それどころか、早ければ小学生から脱毛を始めている人も珍しくなくなっているのです。幼いうちから脱毛を始める理由としては、やはり「コンプレックス解消」が大きいでしょう。体毛が気になると、肌を露出したり人と深く関わったりするのが億劫になりがちです。体毛についての悩みは家族にさえ相談しにくいため、1人で抱え込んでしまい、気持ちが落ち込む人も多いのです。脱毛をすると、見た目だけでなく性格も変わって他人への壁がなくなるメリットがあります。また、高校生までの年代は大人以上に肌を出す機会があります。体育の時間、プール、部活動など、どうしても薄着で活動するカリキュラムが学校内に組まれているため、体毛は深刻な問題です。体毛が気になるあまり、学校生活に支障をきたす恐れもありえます。未成年からの需要に応え、多くのサロンやクリニックでは未成年向けのコースを設定し、大人よりも安い料金で脱毛が行えるようになりました。それでも、成長過程である小中学生については、脱毛にともなう肌トラブルが起こる確率が高いため、サロンも本人も慎重に施術を進めていく必要があります。しかし、高校生になると成長期が終わって肌のコンディションも安定し始めます。脱毛にともなう肌への刺激にも耐えられるようになり、大人と変わらない施術内容も受けられる人も出てくるのです。高校生の多くは脱毛しても大きな問題は起こらないでしょう。

高校生が脱毛したほうがいい理由とは?

「脱毛するなら社会人になるまで待てばいい」と考える人もいます。確かに、社会人なら脱毛の費用を捻出するのも楽になるでしょう。保護者に相談しなくても自分の判断だけで脱毛を行えます。それでも、高校生の間の脱毛がおすすめなのは、大人になるのを待つよりもさまざまなメリットを受けられるからです。まず、高校生は大人と違って脱毛の時間を確保しやすい利点があります。脱毛は1回で終わる施術ではありません。特に、永久脱毛を目指す場合は、繰り返し同じ施術を受けて毛根の細胞を破壊するのが重要です。定期的にクリニックへと通い、長い時間をかけて脱毛を完了するのが普通の方法です。しかし、社会人になると脱毛の時間を安定して確保するのが困難になります。予約した日時が残業や休日出勤と重なるかもしれません。インターバルが空いてしまっても、脱毛効果に違いはありませんが、毛周期に合わせてなるべく早く終わらせてしまいたいですよね。集中してクリニックに通える高校生時代だからこそ、短期間で脱毛を終わらせられるのです。また、「自己処理の回数を減らす」のも、高校生が脱毛を行う意義です。クリニックで脱毛を行わないのであれば、自然と自己処理を行う頻度が増えていきます。しかし、カミソリやピンセットなどを使った自己処理は肌にとって負担が軽い方法ではありません。むしろ、雑に道具を扱えば肌荒れの原因にもなりかねない行為です。早いうちから脱毛を終わらせておけば、自己処理に頼らなくて済みます。美肌を保つためにも高校生の脱毛は効果的です。そのほか、高校生なら学割でコストを抑えて脱毛を行えるメリットもあります。ズルズルと迷っていては、与えられたチャンスを逃してしまいます。思い切ってクリニックに相談する勇気を持ちましょう。

脱毛する前の注意点は何?

脱毛が肌への負担が大きいとされるのは、どんな施術を選択しても細胞に刺激を与えてしまうからです。たとえば、特別なレーザーを使って行う「レーザー脱毛」では、細胞中のメラニン色素に反応します。メラニンは毛根や毛乳頭に含まれているので、これらの細胞が破壊されると体毛は生えてこなくなります。成長過程になる子供にレーザー脱毛は刺激が強いので、事前に細かくカウンセリングを行わなければいけません。基本的に、高校生になると成長期が終わり、脱毛への負担は軽くなるといわれています。しかし、大人よりも10代の肌の方が細胞分裂は激しいため、レーザー脱毛によって生じるダメージも大きくなります。「高校生だから絶対大丈夫」とは言い切れないので、自分の肌コンディションに合った脱毛プランを選択しましょう。多くの高校生にとって脱毛のネックになるのは「保護者の同意」です。未成年の脱毛では必ず保護者の同意が求められます。クリニックによっては保護者にもカウンセリングに立ち会ってもらっています。そのため、保護者の反対がある限りは脱毛を行えません。脱毛の理由や誠意をしっかりと保護者に伝えて、協力してもらえるように頼みましょう。また、家庭環境によって脱毛が手間になるケースもありえます。たとえば、父親と同居している家庭では父親が同意書にサインをすることになりますが、問題なのは「保護者の立会い」を求められた場合です。脱毛クリニックは女性専用になっている場所も珍しくありません。父親であっても基本的に立入禁止です。事前に家庭の事情を説明し、特例が認めてもらえるかをクリニック側と相談しましょう。いきなり父親を連れて行くとトラブルの元となります。

まずはカウンセリングから始めてみるべき!

脱毛ではクリニックやサロン選びがとても大切です。料金や施術の回数はもちろんですが、担当者との相性もクリニック選びの大きなポイントになるでしょう。脱毛が始まれば、長期間を同じスタッフとともに過ごします。体毛というナイーブな問題だけに、信頼できる相手でなければ通院を繰り返すうちに不信感を抱いてしまうでしょう。クリニックは口コミだけでいきなり決めるのではなく、自分の目で見てじっくり決めるのが得策です。そこで、利用したいのがカウンセリング制度です。カウンセリングは施術を受ける前の脱毛希望者を相手に、クリニック側が疑問に答えてくれる時間です。希望者は脱毛についての不安、謎をカウンセリングで洗いざらい伝えます。クリニック側がどんな返答をするかで、「信頼に足る相手かどうか」を見極められるでしょう。また、カウンセリングは説明会の役割も果たしています。施術の仕組み、回数、料金プランなどを詳しく話してもらえるのもカウンセリングの最中です。どんなささいな項目でも、カウンセリングで潰しておくと施術が始まってから後悔せずに済みます。高校生の場合、保護者がなかなか脱毛に同意してくれないときにはカンセリングに同席してもらうのも、承諾を得るきっかけになります。ほとんどのクリニックでカウンセリングは無料で行っていますし、カウンセリングを受けたら、必ず入会しなくてはいけない決まりもありません。複数のクリニックでカウンセリングを受けて、一番説得力のあった場所に決めるのも許されています。カウンセリングに行くとクリニックの雰囲気、スタッフの人柄に触れられるのもメリットです。まずは気軽にカウンセリングから脱毛の第一歩を踏み出しましょう。

お得なうちに医療脱毛を始めよう

脱毛を考えている高校生は、卒業前に始めた方がお得です。学生時代に脱毛を行うなら丁度いいタイミングが高校生だからです。中学生までは肌質が敏感すぎて施術に耐えられない可能性もあります。特に医療脱毛は効果が大きいかわりに肌へのダメージも大きく、幼い子供はカウンセリングの結果次第で施術を拒否されることもありえるのです。高校生は学割などのサービスが受けられるうえ、成長期も終わって肌質も安定してきます。高校を卒業してしまうと大人料金に切り替わるクリニックが多いので、楽に脱毛できる最後のチャンスといっても過言ではないでしょう。高校時代に脱毛を完了させ、コンプレックスを払拭して大人になるのがおすすめのプランです。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら