美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング

化粧やスキンケアをするときに気になる「顔のうぶ毛」。顔のうぶ毛が多いと顔全体がくすんで見えたり、毛穴が黒っぽく見えたりする原因につながります。

それだけでなく、ニキビの原因であるアクネ菌や皮脂汚れがうぶ毛に付着し、毛穴に悪い影響を与えるおそれもあるため、注意が必要です。審美的な要素はもちろん、すこやかな肌を保つためにも、顔のうぶ毛処理は大切な役割を果たすと考えられます。

顔のうぶ毛を自己処理するのであれば、カミソリでの処理が最も手軽でおすすめです。カミソリはムダ毛処理の基本であり、体だけでなく、顔のうぶ毛にも使用できます。ただ、顔の皮膚はデリケートなため、きちんとポイントをおさえた上で自己処理を行う必要があります。ここでは、顔のうぶ毛を処理する際のポイントやカミソリの選び方、処理後のケア方法について紹介します。

 

顔のうぶ毛を自己処理するメリット

 

顔のうぶ毛を処理することで、得られるメリットは多くあります。そのなかでも、特に嬉しいメリットは「顔の印象が明るくなる」ことです。肌は角質層や真皮で光が反射することにより、キメが細かく透明感のある状態に見えます。

しかし、うぶ毛が多いと光の反射を妨げてしまうため、肌がくすんだ印象に見えてしまうのです。うぶ毛を処理することで肌がワントーン明るく見えて、顔の印象がぐんと明るい印象に近づきます。それから、「化粧ノリが良くなる」ことも大きな魅力です。

うぶ毛が生えていると、凹凸ができて化粧が肌に密着しにくくなります。顔のうぶ毛をきれいに処理することで肌の表面が整い、化粧の密着度が高まることで、なめらかな肌を演出しやすくなります。化粧ノリが悪かったり化粧崩れが起きやすかったりする場合は、うぶ毛を処理することで、悩みの解消につながるかもしれません。

それに加えて、「スキンケア商品が浸透しやすくなる」ことも見逃せないメリットです。うぶ毛を取り除くことで古い角質が一緒に除去されて、化粧水や美容液の浸透率がアップすると考えられます。定期的にうぶ毛の処理を行うことで古い角質が蓄積されにくくなり、艶やかな肌を目指しやすくなります。

 

顔のうぶ毛処理のためのカミソリの選び方

顔のうぶ毛を自己処理する際には、「シェーバー」や「カミソリ」を用いるケースが多く見られます。この2つにはそれぞれ異なる特徴があるため、きちんと違いを理解した上で、どちらを使用するのかを決めることが肝心です。

まず、「シェーバー」はガードの中に刃が付いており、刃が直接肌に当たらないことが大きな特徴です。肌を傷つけるリスクが少ないため、初心者でも挑戦しやすいアイテムといえるでしょう。ただ、シェーバーは刃が露出しておらず、ガードの中に入ってきた毛しか処理を行えません。そのため、細かい部分まで剃りにくいことから、剃り残しが出てしまうというデメリットがあります。

一方で、カミソリはドラッグストアで安価に入手しやすいことが特徴です。それに、小回りがきくため、細かいうぶ毛までしっかりと処理できることが魅力でしょう。さらに、カミソリはうぶ毛と一緒に古い角質を取り除くことができるため、すこやかな肌を維持しやすくなるというメリットがあります。ただ、その分、肌への摩擦が大きく、扱いに慣れていないと肌を傷つけやすいという点がデメリットです。カミソリを使う際は扱いに十分注意し、事前準備やアフターケアを怠らないようにしましょう。

カミソリにはさまざまな種類がありますが、顔のうぶ毛処理には「ガードが付いたタイプ」もしくは「L字タイプ」を選ぶことがおすすめです。ガードが付いたタイプは、深剃りを防ぐガードが付いているため、お肌を傷つけてしまうリスクを低減させられます。L字タイプは持ち手から刃までがほぼ直線の形状をしており、手にフィットしやすいことが特徴です。ヘッドの小さいものを選ぶと、立体的なパーツや細かい部分までしっかりと処理できるため、剃り残しが出にくいでしょう。

 

カミソリで自己処理をするときのコツは?

 

カミソリでうぶ毛の処理を行う際には、きちんと事前準備をしておくことが重要です。きちんと準備をしていない状態でカミソリを使用すると、肌を傷めたり肌トラブルを引き起こしたりする原因につながるので注意しましょう。

まず、事前準備として欠かせないのが「肌を清潔な状態にしておく」ということです。メイクをしたままの状態や、不衛生な状態でうぶ毛の処理を行うことは厳禁です。不衛生な状態で処理をすると、雑菌が毛穴や傷口に侵入してしまうおそれがあります。処理をするおすすめのタイミングは、入浴後です。入浴後は毛穴が開いてお肌がしっとりとやわらかくなり、処理を行いやすくなります。また、洗顔後に蒸しタオルを顔に乗せておくのも良い方法でしょう。肌を整えたら、「クリームを肌に伸ばす」のもポイントです。肌に何も付けていない状態でうぶ毛を剃ってしまうと、角質を傷つける原因につながります。クリームや乳液などを塗り、肌をきちんと保護しましょう。クリームや乳液を塗ることでカミソリの滑りが良くなり、角質を傷つけにくくなります。クリームは毛の流れと逆の方向に塗ることがおすすめです。こうすることで、寝ている毛が逆立ち、うぶ毛が剃りやすい状態になります。

また、処理をする際には「毛流れに沿って処理をしていく」ことも重要です。毛流れに逆らって処理をすると、角質を傷つけたり肌への負担が大きくなったりするリスクが高まります。それに、同じところを何度も剃ると皮膚を傷つけてしまう場合があるので、なるべく1回で終えるようにしましょう。

うぶ毛を剃る順番は、額から始めて最後にあごへ、上から下へと進めていくことがおすすめです。このときにカミソリを持っていない方の手で皮膚を引っ張り、フラットな状態にしておきます。すると毛が立ち上がり、根元から毛を剃りやすくなります。もしも新しいカミソリを使用する場合は、切れ味が良いため注意が必要です。新しいカミソリを皮膚が薄い部分に当てると、肌を傷つけるおそれがあります。特に目の周りなどの皮膚が薄い部分は、いきなり新品のカミソリを当てることは避けた方が良いでしょう。

 

肌トラブルを招かないためのポイント

カミソリでうぶ毛の処理を行った後は、肌が活性化して少しの刺激にも反応しやすい状態です。そのまま放置してしまうと肌が炎症を起こしたり、肌トラブルを招いたりする原因につながるため注意しましょう。

処理後は十分な保湿を行い、スキンケアを徹底することが、肌トラブルを招かないための重要ポイントです。うぶ毛を剃った後は化粧水をたっぷりと付けて、乳液やクリームで保湿を行います。ほてりや炎症を鎮めるために、冷やしたタオルで肌をクールダウンさせるのも良い方法です。うぶ毛の処理後は肌が敏感になっているため、刺激の強い化粧品や日焼け止めの使用は控えた方が良いでしょう。

それから、肌トラブルを避けるには「不衛生なカミソリを使用しない」ことも重要です。錆びたカミソリを使用すると、傷口に雑菌が入ってしまうおそれがあります。カミソリは錆びていない、清潔なものを使用しましょう。カミソリは浴室に置きっ放しにすると、刃が錆びやすくなります。清潔な状態を維持するためにも、カミソリを浴室に放置することは避けましょう。

また、「うぶ毛の処理を行うタイミング」も、肌トラブルを遠ざけるために大切な要素です。生理中やその前後、体調不良時などは肌が敏感な状態です。この時期に処理を行うと、肌荒れやカミソリ負けを起こすリスクが高まります。日焼け後も肌が過敏な状態なので、処理を控えた方が良いでしょう。

うぶ毛の処理にはさまざまなメリットがありますが、だからといって頻繁に行うと、肌へのダメージが大きくなってしまいます。うぶ毛の処理は大体3~4週間に1度くらいの頻度で行うことがおすすめです。

 

肌トラブルが怖いならクリニックで脱毛を!

 

カミソリによる自己処理は手軽に行えることが魅力ですが、うまくいかないと剃り残しが出たり、思わぬ肌トラブルを招いたりする原因につながります。もし上手に自己処理をする自信がないという場合や、肌トラブルが怖いという場合は、クリニックで脱毛をすることがおすすめです。

クリニックはプロが丁寧にうぶ毛の処理をしてくれるため、ムラや剃り残しのない、美しい仕上がりを目指せます。それに、クリニックではお肌の状態を見ながら処理を行ってくれることはもちろん、アフターケアまできちんと対応してくれることが大きなメリットです。うぶ毛の処理は少なからず肌に負担がかかってしまいますが、クリニックなら適切なケアを受けられるため、安心して処理を任せられます。信頼できるプロに任せることで、より自信を持てる素肌に近づけるでしょう。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら