美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング
デリケートゾーンの脱毛をする際、VIOラインという言葉がよく使われます。

VラインはVIOラインの中でも最も目立つ箇所なので、脱毛をしている人や自己処理をして整えている人も多いです。

oラインは人目につく箇所ではありませんが、毛が生えているとみっともないという理由で処理をしている人もいます。

しかし、Iラインまで脱毛をするべきなのかは悩ましいところです。Iラインはoラインと同様に、人に見られることは滅多にありません。しかも、VIOラインでも特にデリケートな箇所なので、脱毛時の痛みや肌トラブルが心配ですが実は、Iライン脱毛は見た目が整うだけでなく、ニオイや不快感の軽減など、たくさんのメリットがあります。

そこで、Iラインを脱毛するか悩んでいる人のために、Iライン脱毛のメリットとデメリットを紹介します。

Iラインってどこの部分?

Iラインとは大陰唇と小陰唇の周りからOラインにかけての範囲を指します。

ちょうど下着のクロッチやナプキンの真ん中が当たる箇所です。

ただし、店舗によっては小陰唇や粘膜部分は脱毛できない場合もあります。理由として、粘膜にはほとんど毛が生えないことと、性器周辺は非常に痛みを感じやすいことが挙げられます。Iラインは女性器に非常に近く、体の中でも特にデリケートな箇所です。その上、自分ではどういう状態になっているのか視認しにくく、鏡を使ってもよく見えません。自分でIラインの毛を処理している人もいますが、ただでさえデリケートな箇所を手探りで処理するのは非常に危険です。

さらに、Iラインはメラニン色素が発生しやすく、物理的な刺激や摩擦を受けるとすぐに黒ずんでしまいます。自己処理をすればするほど、色素が定着してしまうおそれがあるのです。しかも、一度定着してしまった黒ずみは、簡単にはとれません。また、Iラインは排泄物や経血が直接触れるため、清潔に保つのが難しい箇所です。

そのため、自己処理によって肌が傷つくと、傷口から雑菌が入りこみ、肌荒れや炎症を起こしてしまうおそれがあります。このように、Iラインの自己処理はリスクが非常に高く、できれば避けたほうが無難です。

しかし、何のお手入れもせずそのまま放っておくと、ムレやかゆみを生じてしまいます。下着からはみ出すこともあり、見た目にもよくありません。なるべく安全に、確実にIラインを処理するためにも、脱毛がおすすめです。

 

Iラインを脱毛するメリット

Iラインを脱毛するメリットは、自己処理の手間が省けるだけではありません。

カミソリやハサミでIラインの毛を処理すると、生えかけの毛がチクチクしたり、下着を突き抜けてしまったりするのが難点です。脱毛をした箇所からは毛が生えてこなくなるので、そのような自己処理の悩みから解放されます。また、アンダーヘアを脱毛するとデリケートゾーンに湿気がこもりにくくなり、ムレによるかゆみやムズムズも軽減されます。Iライン脱毛は衛生面でもメリットが大きいです。デリケートゾーンには汗腺が多く、汗をかきやすい部分です。そのため、アンダーヘアは汗を吸収し、蒸発させる役目を果たしています。

しかし、あまりにアンダーヘアが多すぎると、排泄物やおりもの、垢なども絡めとってしまいます。すると、アンダーヘアが吸収した汗と付着した汚れにより、独特のニオイが発生してしまいます。さらに、生理中はナプキンが常に接している状態なので、経血とムレがあいまって、より強いニオイを発することがあります。生理が来るたびにデリケートゾーンのかぶれやニオイに悩まされている人も多いでしょう。生理中はホルモンバランスの変化から肌がデリケートになりやすい時期です。ナプキンや下着の素材を替えるなどの対策で解決する場合もありますが、それでもかぶれてしまう場合は、アンダーヘアが原因かもしれません。デリケートゾーンは常に温度と湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい環境です。アンダーヘアを処理せずそのままにしておくと、毛に付着した経血や汗が雑菌のエサとなり、さらに雑菌を増やしてしまいます。繁殖した雑菌はかゆみや炎症の原因となるだけでなく、体内まで侵入して細菌性膣炎やカンジダ膣炎といった性感染症を引き起こすおそれもあるのです。

デリケートゾーンのニオイや生理時の不快感を軽減するためにも、Iライン脱毛は有効です。

 

考えられるIライン脱毛のデメリット

Iライン脱毛にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

まず、もっともわかりやすいメリットは、お金がかかるという点です。

店舗によって価格は異なりますが、自己処理のアイテムを買うよりも、はるかに費用がかかってしまいます。しかし、Iライン脱毛は一度完了してしまえば、自己処理をする必要もありません。長い目で見れば、これからずっと自己処理をしていくよりも、脱毛で一気に処理をしてしまったほうが経済的です。

また、お得に脱毛を受けられるキャンペーンを提供している店舗もあります。予算が気になる人は、キャンペーンを上手に利用して、脱毛にかかる費用をおさえましょう。ただし、費用の問題をクリアできても、今度は痛みと時間という問題が待ち構えています。Iラインは粘膜に近いことから、非常に痛みを感じやすい箇所です。

痛みの強さには個人差はありますが、なかには痛みを我慢できず、脱毛を諦めたという人もいるほどです。Iライン脱毛を希望するなら、ある程度の痛みは覚悟したうえで臨みましょう。痛みに弱い人は、痛みを緩和する処置をしてくれるクリニックがおすすめです。脱毛専門のクリニックや美容皮膚科では、麻酔クリームや笑気ガスを使って、痛みを軽減してくれる場合があります。すべてのクリニックがこのような処置をしてくれるわけではないので、契約前にかならず確認をしましょう。

また、処置は別料金であることが多いので、どれくらい追加料金がかかるのかもあわせてチェックしておくと安心です。さらに、脱毛は1回だけでは終わりません。ある程度毛量が減るまで、何回か施術を繰り返す必要があります。毛の量を減らす程度なら3回ほどで効果を感じられますが、完全に脱毛したいのであれば、2年以上ほどかかると考えておきましょう。

ちなみに、脱毛は毎月受けるわけではありません。2カ月に1回程度のゆっくりとしたペースで通えばいいので、焦らず気長に続けましょう。

Iラインはどの程度脱毛すべき?

Iライン脱毛は全ての毛を脱毛するのか、薄くする程度でやめるのかによって、脱毛にかかる費用も時間も変わってきます。

Vラインの場合は、ビキニラインやvライン上部の毛は処理をして、下着で隠れる部分だけは少し毛を残すという人も多いです。しかし、Iラインの毛はすべて脱毛することをおすすめします。

Vラインと違って、Iラインは温泉に入るときや着替えの際に裸になったとしても、それほど人目につくことはありません。完全に脱毛してしまったほうが不快感は軽減され、生理中でも快適に過ごせるようになるでしょう。

さらに、ニオイもこもりにくくなるので、パートナーにとってもメリットが高いと言えるでしょう。ただし、現在お付き合いしているパートナーがいる場合は、脱毛を始める前に相談しておくことをおすすめします。完全にIゾーンの毛がなくなってしまうと、バートナーを驚かせてしまう可能性があります。なかにはアンダーヘアがあったほうが好みという人もいるので、どの程度整っているのが好みか、あらかじめ聞いていたほうが無難です。

一度脱毛してしまった毛がまた生えてくることはほぼ無いと考えて、慎重に脱毛を進めましょう。ツルツルにしなくても、VゾーンからIゾーンにかけて徐々に毛を薄くしていくという方法もあります。

イメージが湧かない人は、一度カミソリやシェーバーでアンダーヘアを整えてシミュレーションしてみると良いでしょう。

綺麗に脱毛して煩わしさから解放されよう

Iラインの脱毛は決して珍しいことでも、特別なことでもありません。多くの女性がデリケートゾーンの脱毛を受けて、自己処理の煩わしさや不快感から解放されています。

今まで脱毛を受けたことのない人の場合、本当にアンダーヘアを脱毛しても体に影響がないのか、心配に思う人もいるでしょう。脱毛の経験があっても、デリケートゾーンだけは脱毛する勇気が出ないという人もいます。

確かにアンダーヘアには性器を守る役目もありますが、脱毛してしまっても医学的には問題ありません。Iラインの脱毛はサロンでも受けられますが、肌荒れや感染症などのトラブルが心配な人には医療脱毛がおすすめです。医療脱毛は美容皮膚科やクリニックで受けられるので、万が一、トラブルが起きても、適切な処置を受けられます。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら