美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング
クリニックでの脱毛は部位にもよりますが、裸をスタッフに見せなければいけないため、最初は抵抗を覚える人もいます。特に、恥ずかしい気持ちを捨てにくいのが「VIOライン」でしょう。

ビキニラインとも呼ばれるVライン、デリケートゾーン周辺のIライン、肛門周辺のOラインは他人に見られたくなくて当然の部位です。自己処理でVIOラインの脱毛を済ませようと考える人の多くが、「少しでも恥ずかしさを減らしたい」との意図があるでしょう。しかし、VIOラインは自己処理がとても難しい箇所です。

そのため、誤って傷つけてしまう可能性もゼロではありません。できれば、クリニックで信頼できる施術を受けましょう。ここでは、Iラインについてクリニックで脱毛してもらうときの詳細を解説します。

 

Iライン脱毛時の服装は?

VIOラインの中でも、特に脱毛への抵抗感が強い部分はIラインでしょう。

中には「あまり人目に触れにくいIラインを脱毛する必然性が分からない」と感じている女性もいます。

確かに、水着や下着姿になったときでも一番見られにくいのはIラインだといえます。しかし、Iラインの毛がまったく見られないのかといえばそうでもなく、毛の量や角度、水着のデザインなどによってはみ出てしまう可能性があるのです。

また、生理時のトラブルが起きやすいのもIラインです。Iラインの毛に経血がついてしまうと、毛がからまったり、性感染症にかかったりする確率が高まります。VIOライン脱毛に興味があるなら、Iラインも欠かさずケアしておくのが良いでしょう。

Iラインの脱毛では、できるだけ利用者の恥ずかしさを軽減するようクリニック側も気をつかってくれます。たとえば、「裸のまま施術室に通される」ようなことはないので安心しましょう。多くのクリニックでは「エステガウン」と呼ばれる着衣が用いられています。利用者は服を脱いだうえでエステガウンを着て、施術にそなえます。エステガウンは施術が行いやすいように配慮されており、それ以外の部分はきちんと隠してくれる着衣です。エステガウンではなく「ラップタオル」と呼ばれる大きいタオルを使用しているクリニックもあります。エステガウンの下は基本的に裸ですが、「紙パンツ」というアイテムも使用されています。紙パンツは紙でできた下着です。施術が終わり次第、回収して捨てられます。紙パンツは毛が付着したり、汚れたりしても大きな問題にはなりません。

なお、紙パンツにはビキニタイプの大きいサイズと、Tバックタイプの小さいサイズがあります。施術内容や利用者の好みによってタイプは使い分けられています。

Iライン脱毛の流れは?

Iライン脱毛への不安がふくらむ理由の1つに「何を行うのかが分からない」という点が挙げられます。

あらかじめ施術内容や段取りを知っておくと、脱毛の抵抗感もやわらぐでしょう。施術当日、クリニックに到着するとまず施術室に通されます。そこで、私服を脱いでエステガウンへと着替えるのが一般的です。

ちなみに、着替え終わるまで施術室に人は入ってきません。声をかけられ「着替え終わりました」と返事したらスタッフが入室してきます。施術開始にあたって、利用者はベッドで横になり目隠しをされます。目隠しをするとスタッフの顔を見なくて済むので、恥ずかしさはかなり薄まるでしょう。

また、「思わず笑ってしまう」「自分で自分の姿を意識しなくていい」などのメリットも生じます。施術前にはスタッフから自己処理のチェックが入ります。クリニックの脱毛では、直前に自分で毛を剃ってくるようお願いされるのが基本です。特に医療脱毛の場合、剃り残しがあると別途、剃毛代がかかってしまう可能性があります。

毛が多いと、医療用レーザーの効果は薄まりますし、火傷するリスクも増えるからです。剃り残しがあるとその場で処理するか、ひどいときには施術が延期になることもあります。自己処理が問題なければジェルを塗って施術開始です。ちなみに、ジェルを塗るのは施術方法によります。

医療脱毛では、「レーザー脱毛」といって特殊なレーザーで毛乳頭の細胞を破壊する施術が多く採用されています。

レーザー照射が終わったらジェルを拭き取り、炎症止めの薬を塗って施術終了です。簡単な注意事項を伝えてすみやかにスタッフは退室していきます。利用者は1人施術室に残されるので私服へと着替えます。後は、受付で次回の予約を行ったり、スキンケア用品を買ったりすることもありますが、脱毛に必要な工程は以上です。

 

Iラインの施術にかかる時間はどれくらい?

VIOラインの脱毛は全体をくまなく行えば、1回あたり30分はかかります。

しかし、Iラインだけの施術だと5〜15分ほどで終わります。

あまりにも長い時間、Iラインをさらす行為に抵抗がある人もなんとか耐えられる範疇だといえます。ただし、脱毛は1回だけで完了するものではありません。早い人だと1~2回の施術で効果が実感できる場合もありえます。

しかし、それはあくまで「毛が薄くなったように思う」「毛が抜け落ちるようになった」程度の変化であり、本格的な効果が目立ってくるのはもっと回数を重ねてからです。Iラインの毛を明らかに薄くしたいなら6回から12回の施術が目安です。毛をきれいにしてしまう「ハイジニーナ」を目指す人は12回から18回は通院する必要があるでしょう。とはいえ、脱毛は何回でも立て続けに行えません。脱毛とは「細胞を破壊する」作業です。

つまり、施術が終わったばかりの細胞はダメージを受けており、十分に肌を回復させてから次の施術に挑まないと肌荒れの原因になります。多くのクリニックでは施術のインターバルに1カ月以上空けます。そのうえ、自分の都合どおりに予約ができるとも限りません。「薄くする脱毛」なら1年以上、ハイジニーナなら2年以上は通院することになると踏まえておきましょう。

また、さまざまな要因で施術の効果が薄まることもあります。施術前後の「飲酒」「運動」などは脱毛を遅らせる原因です。アルコールは脱水症状を招きますし、運動で汗をかいてもやはり皮膚の水分は失われます。乾燥は医療脱毛を妨げるので、施術日が近づいたら静かに過ごすよう努めましょう。

そのほか、クリニックごとの施術方式によって注意点は変わります。事前にスタッフとコミュニケーションをとっておく意識が重要です。

恥ずかしさはなくなっていくもの

脱毛に慣れていない人はクリニックの雰囲気に落ち着けず、施術中も緊張してしまいがちです。

特にIラインのようなデリケートゾーンであれば、初回の施術が恥ずかしいのは仕方がないでしょう。

ただし、Iライン脱毛であっても2回目以降は恥ずかしさが軽減されていく傾向にあります。

理由は「スタッフの対応がプロフェッショナルだから」です。スタッフは施術中、利用者へのダメージを抑えてスムーズに仕事をこなすことに集中しています。利用者の体について余計な感想は持ちませんし、脱毛の専門家として振舞っています。過剰に恥ずかしがっている利用者は、逆に「気にしている自分」が恥ずかしくなっていくでしょう。

次に、「スタッフが利用者の心もケアしてくれる」からです。スタッフは施術のスキルだけでなく、利用者とのコミュニケーションについても教育を受けています。当然、脱毛に慣れていない利用者の不安や緊張も熟知しています。

そのため、緊張をほぐすために世間話をしてくれるなど、利用者の心に寄り添ってくれるでしょう。

スタッフとの心理的な距離が縮まるにしたがい、施術への恥ずかしさも薄まっていきます。それでも不安な人は、クリニックを決める前のカウンセリングを有効活用してみましょう。カウンセリングは利用希望者が脱毛について抱いている不安、料金システム、脱毛が終わるまでの期間について詳しく聞きだせる時間です。

カウンセリングを受けたからといって絶対にそのクリニックと契約しなければいけないわけではありません。さまざまなクリニックをまわって、技術や料金と一緒に「スタッフの人間性」も見定めましょう。

信頼できるスタッフに施術を任せると、施術に慣れるまでの期間も早まります。

恥ずかしいと考える必要はない!

脱毛に慣れていない人は、スタッフとはいえ「デリケートな部分を見られている状況」に緊張するものです。また、コンプレックスを人にさらけだすのが嫌だと感じる人もいます。

しかし、Iライン脱毛は脱毛クリニックで行われる定番施術メニューの1つなので、恥ずかしがる必要は何もありません。これから、ますます多くの女性が当たり前のようにIライン脱毛を行うようになっていきます。恥ずかしさを理由にしてIライン脱毛を躊躇しているなら、思い切って第一歩を踏み出してみましょう。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら