美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング

全身脱毛に興味があるという女性は少なくないはずです。それにもかかわらず、多くの人は体を他人に見られるのが恥ずかしいという理由で施術を受けるのをためらってしまいます。そこでこの記事では、施術を受けるべきか悩んでいる人のために、全身脱毛のメリットや施術を受ける際の恥ずかしさを減らすポイントなどについて紹介していきます。

恥ずかしいと思う人は多い


普段は衣服で隠している箇所を他人に見せるというのは抵抗を覚えるものです。脱毛時には胸やお腹などを晒さなければならないので、それが嫌でサロンやクリニックで脱毛するのをためらってしまうという人も少なくありません。特に、スタイルが気になっていたり、肉割れしていたりといった理由で、自分の体にコンプレックスを感じていると他人に見られたくないという気持ちはますます強くなっていきます。

一方で、胸やお腹を見せるのは平気でも、vioを他人に見せるのはさすがに躊躇してしまうという人も多いようです。ちなみに、vioとはVライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門周辺)の3カ所のことで、いわゆるデリケートゾーンにおける脱毛ポイントと同じ意味です。これらの部分は普段他人にはまず見せないので強い抵抗を覚えてしまうのも無理はありません。また、肌の黒ずみを見られたくないことを理由として挙げている人もいます。しかし、だからといって、自己処理を続けていると、ますます黒ずみが酷くなる原因となるので注意が必要です。

vio脱毛のメリット

もっとも抵抗のあるかと思うのがvio脱毛ですが、思い切って施術を受ければ多くのメリットを得られることも確かです。その事実を理解すれば、施術を受けてみたいという気持ちも強くなるのではないでしょうか。そこで、vio脱毛のメリットについて紹介します。

ファッションを楽しめる

水着や下着のなかには、布面積が少なめでおしゃれなデザインのものが数多くあります。アンダーヘアを整えれば選択肢の幅が広がり、そうしたものも自由に身につけられるようになるのは大きなメリットです。特に、毛の量が多い人は水着を着るたびにムダ毛のはみ出しを気にしなければなりませんでしたが、脱毛をすることでその悩みからも解放されることになります。急にプールや海に行く予定ができても、焦って処理をする必要はなくなりますし、処理を忘れて恥ずかしい思いをしてしまったなどということもなくなるのです。そうなると、気分的に楽になるのはもちろん、なんの心配もなしに好きな水着を選ぶことができるので、海やプールに行くのがより一層楽しくなってきます。

同様に、Tバックやタンガなどといったデザイン性の高い下着も選び放題です。好みの下着をストレスフリーで着こなせるようになり、日頃の生活にも余裕がでてきます。

デリケートゾーンの不快感が軽減

デリケートゾーンのムダ毛は、しばしば蒸れの原因となってきました。デリケートゾーンは非常に敏感なので、蒸れるとかぶれや炎症などのトラブルを引き起こす要因になります。また、生理の際のニオイやかゆみなどの不快感も、ムダ毛による蒸れによって引き起こされるといわれています。さらに、生理になると経血がムダ毛にまとわりついて不快ですし、なにより雑菌の繁殖が盛んになって不衛生です。その点、vio脱毛を施せば、雑菌の繁殖を抑えることができますし、ムダ毛が汚れて不快な思いをすることもなくなります。特に、夏場の蒸れを軽減し、生理中の不快感を緩和することができるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

自己処理のトラブルを防止

「わざわざvio脱毛をしなくても自己処理を欠かさなければ問題はないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。なぜなら、デリケートゾーンは皮膚が薄くて刺激に対して敏感だからです。それなのに、安易に自己処理を行うと、トラブルを自ら引きよせることになります。具体的には、黒ずみ、埋没毛、肌荒れなどの原因になってしまうのです。それなら、毛抜きはどうかといえば、毛穴が化膿したり、炎症したりするリスクを伴うため、やはりおすすめできません。しかも、忘れてはいけないのが、デリケートゾーンのムダ毛の多くは目に届かない場所に生えているという事実です。そのため、無理に処理をしようとすると、多くの場合は肌を傷つける結果になってしまうのです。

それに比べ、プロは熟練の腕を有しており、安全に十分配慮したうえで施術を行うので、理想のデリケートゾーンを手に入れることができます。なにより、一度vio脱毛を行えば、その後は自己処理の必要がなくなるのがうれしいところです。

脱毛箇所ごとの脱毛中の恰好を紹介


サロンやクリニックでの脱毛は未経験という人にとって気になるのが、施術をどのような格好で行うのかといった点ではないでしょうか。そこで、上半身、下半身、vioという3つに分け、脱毛中のそれぞれの格好について紹介していきます。

上半身

上半身の脱毛を行う際には、身につけているものをすべて脱ぎ、紙ショーツ1枚になった状態で専用のガウンを纏います。そのうえで、上半身をすべて露出させてから一気に光を照射させるのです。上半身は露出部分が広いことに加えて、デコルテや乳輪周りといったデリケートな箇所が含まれているので恥ずかしいと感じる人も多いかもしれません。しかし、施術自体はあっという間に終わるので過剰な心配は不要です。

下半身

上半身とは異なり、下半身は照射箇所をピンポイントに絞ってその部分だけを少しずつ露出させながら照射していきます。そのため、恥ずかしさを感じることはほとんどないはずです。ただ、太ももやふくらはぎといった脚の脱毛箇所に関しては一気に照射していきます。ほかの脱毛箇所に比べると見られることに対する抵抗感は少ないので安心だと言えます。

vio

vioは施術の際に最も恥ずかしく感じてしまう箇所です。そのため、ピンポイントだけを露出させ、それ以外の部分はタオルで隠したうえで行います。照射の際はvio脱毛の専用紙ショーツを少しずつめくりながら光やレーザーを当てていくので、vioの部分をまともに見られる心配はありません。そのうえ、目隠しをしているので、スタッフと目を合わせずに施術を受けられます。デリケートな部分だけに照射面積の割に時間がかかりますが、慣れてしまうと案外恥ずかしさは感じなくなるものです。

恥ずかしさを減らすポイント

サロンやクリニックでは施術を受ける際になるべく恥ずかしい思いをしなくて済むように配慮をしてくれます。しかし、普段衣服で隠している箇所を他人に見せるのはどうしても抵抗があるという人もいるかもしれません。そこで、そういう人のために、恥ずかしさをできるだけ軽減させるコツについて紹介していきます。

完全個室のサロン・クリニックを利用する

サロンやクリニックによっては施術室が大部屋になっており、そこをカーテンやパーテーションで仕切って使用しているところもあります。一応視界は遮られているものの、それではプライバシーが十分に確保できているとは言えません。仕切りの隙間から中を覗いたり、漏れてくる声を聞いたりすることができるので、落ち着かないという人も少なくないはずです。その点、独立した部屋となっている完全個室なら、プライバシーをほぼ完璧に確保でき、落ち着いた気分で施術を受けられます。

また、施術の時間はサロンなどによってかなりの差があるものです。短時間で終わるところなら、裸を見られる時間もそれだけ短くて済みます。したがって、事前に施術時間をチェックし、なるべく時間の短いところを選択するのもひとつの手です。

スタッフに相談しておく

サロンやクリニックのスタッフは、こちらの悩みや不安に対していろいろと相談に乗ってくれるものです。なるべく見られたくない旨をスタッフに伝えておけば、露出する部分をできるだけ少なくしたり、可能であれば見えないようにしたりしてくれるはずです。相談をするタイミングとしては予約時がベストです。「脱毛が初めてで不安・恥ずかしい」といったメッセージを添えておきましょう。

事前に自己処理をしておく

ムダ毛が伸びていると脱毛処理がしにくくなるばかりか、ムダ毛に含まれるメラニン色素に光が反応して肌を傷めることにもなりかねません。それを防ぐためにも、施術の前にムダゲを自己処理するのは必須事項です。もし、自己処理が十分でなくてスタッフに剃ってもらうことになれば、必然的に裸を見られる時間は長くなってしまいます。逆に、店に向かうまでに自分で処理をし、肌の表面をきれいにしておけばサロンやクリニックでの施術は円滑に進むはずです。特に、明らかに目立つ不要な毛は忘れずに処理をしておくようにしましょう。ちなみに自己処理は、サロンの予約日前日にシェーバーを利用して施術予定部分を中心に剃っておくというやり方が基本です。

スタッフに相談してみよう!


全身脱毛のメリットや恥ずかしさを軽減するポイントなどを紹介してきましたが、理解できたでしょうか。それでも、どうしても恥ずかしいという場合はあらかじめスタッフに相談し、配慮を求めてみることをおすすめします。特に、アリシアクリニックでは患者さんの要望や相談をしっかりと聞いたうえで脱毛をしております。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら