美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング
下着や水着からアンダーヘアがはみ出していて恥ずかしい思いをしたという経験はありませんか。露出する機会が多い手足や脇の下の脱毛に比べると、VIO脱毛は、日本女性にとってはあまり一般的ではないのが現状です。VIO脱毛に興味があったとしても、人前で見せることがほとんどないデリケートゾーンの脱毛だから恥ずかしいとか、敏感な部分だから安全なのかといった不安が先だって一歩踏み出せないでいる人も多いのではないでしょうか。

また、脱毛施術中の痛みも気になるところです。

基本的にVIO脱毛には痛みが伴います。

これは脱毛の施術の過程で、肌にレーザーを照射するため、ある意味仕方がないことです。それではどのくらいの痛みが伴うのか、それでもVIO脱毛を施すメリットはあるのか解説していきます。

VIO脱毛の痛みの強さは?

脱毛の施術は毛が生える皮膚へ直接アプローチするため、施術中はその部分に痛みがあります。

これはサロンやクリニックで脱毛した場合だけではなく、自己処理をしたときも例外ではありません。

カミソリでムダ毛を剃った場合には肌に負担がかかり、カミソリ負けでヒリヒリします。また、除毛クリームを使用した場合も、クリームに含まれる毛を分解する成分が肌を刺激し、ヒリヒリ感を伴うことがあります。

一般的に、脱毛の施術で伴う痛みの強さは、輪ゴムを弾いて皮膚にあてたときに感じる、チクッとした痛み程度と言われています。人によってはそれよりも痛みは軽く感じる人もいます。この痛みは脱毛する部位によって変わってきます。

輪ゴムで弾かれた程度の痛みは、手足や脇の下などを基準にした痛みですが、VIO脱毛はそれよりも一般的に痛みが強い傾向にあります。

手足や脇の下の脱毛は我慢するほどの痛みではないという人でも、VIOラインの脱毛では声をあげてしまったとか、顔をしかめるくらいの痛みだったという感想を持つことがあるようです。

ただ具体的にどれほどの痛みかは、個人差が大きいと言えるでしょう。脱毛の施術による痛みの感じ方は、肌の色や毛質の違いなどの個人の身体特性と、肌感覚の敏感さや痛みの感じやすさなどによって、人それぞれであることは当然といえば当然です。

VIO脱毛が他の箇所よりも痛む理由

VIO脱毛によって感じる痛みはそれ以外の箇所を脱毛したときに比べて、どうして痛みが強いかには、いくつかの理由が考えられます。

1つ目の理由は、デリケートゾーンのVIOラインは他の箇所に比べて粘膜に近い部分だからです。

粘膜部分は皮膚が薄くできているため、痛みを感じやすい部分であることは想像がつくでしょう。特にVIOラインの中でも、Iラインは粘膜部分が多い部分であるため、痛みが強くなってしまう傾向にあります。

 

2つ目の理由は、VIOラインのアンダーヘアは毛が太くて濃い傾向にあるからです。

サロンの光脱毛も、クリニックで主流のレーザー脱毛も、その原理は光やレーザーを毛根に向けて照射し、毛根部分のメラニンを刺激する仕組みです。太くて濃い毛の場合は毛根のメラニンが活性化している毛です。光もレーザーもメラニンに強く反応するため、他の箇所の毛と違って太くて濃いアンダーヘアの脱毛には強い痛みを伴うことになります。

 

3つ目は、デリケートゾーンには脂肪がつきにくく、皮膚と骨とが接しているという理由があげられます。

恥骨や骨盤、腰骨などは、その上に脂肪がつきにくい特徴がある部分で、光やレーザーを照射した際に骨に直接響く痛みを感じやすいようです。

このように、デリケート部分は痛みを感じやすい体の構造になっているとともに、毛が太くて濃い傾向にあるため、脱毛による痛みを感じやすいというわけです。普段の暮らしでは、デリケート部分に外から強い刺激を受けて痛みを感じるということはほとんどないこともあって、いざ刺激があった場合には痛みを感じやすくなっているとも考えられます。

痛くても脱毛すべき理由

VIO脱毛は痛みが伴うことを紹介しましたが、その痛みを耐えてまで脱毛するメリットがあるのか知りたいところです。

もちろんメリットがあって、海外ではVIO脱毛が当たり前になっています。

メリットの1つ目は、下着や水着から毛がはみ出す心配がなくなるという、身だしなみに関するメリットです。

これまで毛がはみ出すことを心配して、気に入ったデザインの下着や水着をあきらめていたという人も、VIO脱毛を行うことでその悩みは解消されます。Vラインサイドの脱毛を施すだけでも、ビキニラインから毛がはみ出すことを心配する必要がなくなります。また、Vライン上部の脱毛を行えば、ローライズのパンツファッションも毛が見えることを気にせず楽しめるでしょう。パンツファッションで下着ラインが出てしまうことが気になる人には、Tバックの着用のためにIラインの脱毛をおすすめします。

 

VIO脱毛の2つ目のメリットは、面倒な自己処理がなくなるという点です。

下着や水着から毛がはみ出さないように、自身でカミソリや除毛クリームを使ってムダ毛処理をしているとします。この方法のムダ毛処理では、時間が経つにしたがって、また毛が伸び始めてしまい、そのたびに処理する必要が出てきます。毎回手間がかかりますし、何度も肌に負担をかけてしまうので、肌の弱い人には苦痛になってしまいます。一方、VIO脱毛を行っておけば、こうした手間や肌への負担が大分軽減されます。

 

3つ目のメリットは、生理や妊娠時にムダ毛が気にならなくなるという点です。

生理時は経血によってアンダーヘアが汚れることがしばしばあります。ニオイやかゆみを伴うことも多く、不快感で悩んでいる人も多いでしょう。また、妊娠時にアンダーヘアの処理をしようと思っても、お腹が出てくると体勢をとるのが難しく、自分ではなかなか処理できなくなります。あらかじめVIO脱毛をしておけば、いつ何時もアンダーヘアのムダ毛に悩まされることはなくなります。

 

4つ目のメリットとして挙げるのは、3つ目のメリットと関連しますが、デリケートゾーンのムレによる不快感がなくなり衛生的になるということです。

毛が多いとどうしてもムレてしまいます。デリケート部分は汗をかきやすいですし、下着を着用していると熱がこもって風通しが悪くなりがちです。脱毛を行って毛をなくしたり、少なくしたりすることで、ムレることも減って不快感がなくなります。それだけではなく、雑菌の繁殖も抑制することができます。デリケートゾーンの雑菌の繁殖はニオイや病気の原因になるため、VIO脱毛を行って清潔に保ちたいものです。

 

VIO脱毛で痛みを軽くするための対策

VIO脱毛は痛みがありますが、メリットも多くありました。

それでもなるべくなら痛い思いをせずに、脱毛したいと思うのが普通でしょう。痛みをなるべく感じずに脱毛するために、気を付けておきたい点や対策を紹介します。

まず気を付けることは、生理前後に施術を受けないということです。

生理中はホルモンバランスが崩れがちになって肌が敏感になり、脱毛の施術による光やレーザーの刺激に対して過度に痛みを感じてしまう可能性があります。また、体調が優れない場合も受けないようにしましょう。体調が悪いと痛みを感じやすくなり、無理をして施術を受けた結果、さらに体調を悪くするという悪循環に陥る可能性があります。

次に痛みに対する対策ですが、1つは脱毛による痛み以外の痛みを思い出して気を紛らわす方法です。

脱毛の施術中にデリケートゾーンに意識が集中してしまうと、余計痛みの感じ方が鋭敏になって、痛みを強く感じてしまいます。例えば以前に虫歯で歯が痛んで苦しんだ経験があるならば思い出してみましょう。意識が他に向いて、VIO脱毛の痛みが軽減されるかもしれません。

最後に痛み軽減の対策でおすすめするのが、普段から脱毛部分を保湿しておくことです。

保湿を行うことで、肌のバリア能力が高まり、痛みの感じ方が軽減されます。以上の注意点と対策方法を参考に、VIO脱毛のメリットを享受しましょう。

痛みが強いときは医師に相談すること!

VIO脱毛はメリットが多いものの痛みがあること、そして痛みへの対処法について紹介しました。

もともとデリケートゾーンの脱毛ですから、完全に痛みを取り除くことはできません。紹介した対策を試したにもかかわらず、どうしても我慢できないような痛みに襲われたらすぐにドクターに相談しましょう。

我慢できないような痛みが発生したとなれば、やけどなどの炎症が起きている可能性があります。その点、クリニックで脱毛を行えば安心です。万が一、脱毛によって何かトラブルがあった場合でも、ドクターからしっかりとアフターケアを受けることができます。医療レーザーを使うクリニックでは、脱毛の施術が医療行為とみなされるため、ドクターによるアフターケア体制が整っています。VIO脱毛を決心したとしても、脱毛部分がデリケート部分なだけに、なかなか不安は解消されないものです。痛みやトラブルが心配という人には、医療機関であるクリニックでの脱毛をおすすめします。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら