美容皮膚科・医療レーザー脱毛のアリシアクリニック

女性脱毛無料カウンセリング 女性脱毛無料カウンセリング

クリニックなどで受ける脱毛にあまり良くないイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。とりわけ脱毛に伴う痛みについての悪いイメージは、クリニックなどで脱毛の施術を受けることに二の足を踏ませる原因にもなっているようです。実際のところ、脱毛にはそれなりの痛みが伴うことは事実です。しかし、多くの人にとっての興味の中心は、その痛みがどの程度のものなのかということではないでしょうか。痛みの程度がどのくらいなのかが分かれば、過度に怖がることなく脱毛を受けることにもつながるはずです。また、痛みの原因を知ることも大切です。その原因が分かれば、痛みを軽減するための対策も取ることができるようになるからです。ここでは、脱毛をするにあたって、具体的にどのような痛みを感じるのか、またどうして痛みを伴うのかなどを解説します。

脱毛の痛みってどんなもの?

脱毛には多かれ少なかれ痛みが伴います。もちろん、それは耐えられないほどの痛みというわけではありません。脱毛の痛みは肌の表面に感じるような物理的な痛みです。脱毛の痛みについて良くいわれるのが、輪ゴムで弾かれたような痛みを感じることがあるという表現です。ただ、実際に感じる痛みは、もっと軽い「パチッ」というような痛みであるようです。
もちろん、痛みの程度は人によって差異があります。人によっては輪ゴムで弾かれた以上の痛みを感じることがあり、実際のところはやってみないとわからないという側面が大きいです。ただ、痛みの程度は脱毛方法や肌の敏感さ、また脱毛箇所の違いによる影響を大きく受けます。たとえば、エステサロンなどで実施される光脱毛は脱毛機の出力が低いため、痛みを感じない脱毛方法だといわれています。これに対して、クリニックなどで行われる医療レーザー脱毛は脱毛の効果が高いため、痛みの程度も大きい傾向にあります。
また、脱毛の施術を受ける際に、肌が乾燥した状態にあるとより強い痛みを感じやすくなります。光脱毛や医療レーザー脱毛は肌に光を照射することで脱毛をはかります。肌が乾燥していると表面が敏感になっているので、照射の熱の影響を受けて痛みを感じやすくなるといわれています。加えて、VIOなどのデリケートな箇所は、もともと肌が敏感であるため痛みを感じやすい箇所です。このように、脱毛の痛みは脱毛方法や肌の状態、施術する箇所などの影響をさまざまに受けるのです。

施術が痛い箇所はどこ?

施術に際して特に痛みを感じやすいのは、VIOライン、手の指、そしてワキの3箇所です。これらの箇所がとりわけ傷みを感じやすいのは、まず毛が太くて硬いということが理由として挙げられます。毛が濃くて硬いということは、毛根がより根深いということです。光脱毛や医療レーザー脱毛では、光を毛根に照射して細胞を破壊することで脱毛を促します。毛根が根深い濃くて硬い毛は、熱をたくさん照射しなければなりません。したがって、その分だけ脱毛の際にどうしても痛みを伴いやすいのです。特にVIOラインなどは、毛が太くて硬いだけでなく、多くの毛が密集している箇所でもあります。毛が密集している箇所も脱毛をすると痛みを伴いやすいので、VIOラインやワキなどはより強い痛みを感じやすいのです。
また、VIOラインの中でも、特にIラインは強い痛みを感じる人も少なくありません。Iラインはすぐ近くに敏感な粘膜があるため、ちょっとした刺激でも痛みを感じやすくなっています。加えて、色素沈着が発生しやすいIラインは、黒い色に反応しやすいレーザーの影響を受けやすい箇所です。そのため、レーザーを照射したときに痛みを伴いやすい箇所なのです。
それから脂肪が薄い箇所も施術で痛みを受けやすいといえます。手の指は脂肪が薄いだけでなく、骨に近い箇所でもあるので痛みが強く出やすい箇所です。とりわけ乾燥していると、水分が少ないので照射による熱エネルギーをうまく吸収できません。乾燥していると脱毛の痛みを感じやすいのは、熱エネルギーを吸収するだけの水分が肌にないためです。脱毛の施術を受ける際は、保湿をきちんと行って、少しでも乾燥による痛みを軽減する対策を取っておくことをおすすめします。

痛いほうが効果は高いものなの?

脱毛の痛みと効果には、どのような関係性があるのでしょうか。
一般に良くいわれるのは、強い痛みを感じるほど脱毛の効果も高いということです。実際、より脱毛の効果が高いといわれる医療レーザー脱毛は、脱毛の効果が低い光脱毛よりも痛みを感じることが多いようです。これは、医療レーザー脱毛と光脱毛の出力の違いに原因があると考えられます。光脱毛に比べて、医療レーザー脱毛は高い出力で毛根に光を照射することができます。医療行為である医療レーザー脱毛は、専門のドクターによってのみ施術が許された脱毛方法なので、毛母細胞に強いダメージを与えることができる出力での施術が可能なのです。しかし、出力が高いということは、熱エネルギーも強いということです。毛母細胞に強い力が加えられれば、それに伴う痛みも強くなるのは当然です。したがって、より効果の高い医療レーザー脱毛の方が痛みを感じやすいようになっているのです。
ただし、脱毛に伴う痛みにはそれぞれ個人差があります。人によっては痛いといわれる医療レーザー脱毛であっても、全く痛みを感じずに施術を終えられるというケースもあります。そのため、痛みがなかったからといって、医療レーザー脱毛の効果が小さいというわけでもありません。脱毛による痛みはそのときの肌の状態によっても左右されるので、痛いほうが効果も高いという定説はあくまで参考程度に頭にとどめておくようにしましょう。

一番痛い脱毛方法って何?

脱毛の方法にはさまざまな種類がありますが、中でも一番痛いといわれているのが電気針脱毛(ニードル脱毛)です。この脱毛方法は毛根組織を死滅させることができる脱毛方法です。電気針脱毛では専用の針を毛穴に差し込みます。そこに電流を流し込むことで、毛根組織を熱破壊します。そうすることによって、確実に1つ1つの毛根組織を破壊していくことを目指す脱毛方法なのです。
電気針脱毛は古くからある脱毛方法で、光脱毛や医療レーザー脱毛が開発される前から実施されていたやり方です。光脱毛や医療レーザー脱毛が登場するにしたがって、脱毛の主流からは退くことになりましたが、医療レーザー脱毛では対応できない白髪の脱毛にも効果を発揮する優れた脱毛方法でもあります。しかも、毛根組織を死滅されるやり方であるため、他の方法に比べて脱毛の永久性が高いことでも知られています。ただ、電気針脱毛は1本1本の毛穴ごとに針を差し込んで電流を流すため、時間が非常にかかる脱毛方式です。強い痛みを伴う方法であり、中には、途中で施術を止めてしまう人も珍しくないようです。医療機関で行う際は麻酔をしてから施術をする人も少なくありません。また、他の方式に比べて料金も高いため、実際に施術を受けるためには覚悟とそれなりの資金が必要となります。もちろん、痛みが強い分だけ高い脱毛効果を実感できるはずなので、興味がある人はぜひ試してみると良いでしょう。

痛みが怖いなら事前カウンセリングでじっくり相談!

脱毛を受けるにあたっては、ある程度の痛みについては覚悟をしておかなければなりません。しかし、しっかり保湿をして脱毛に供えておくなど、痛みをできるだけ軽くすることも十分にできます。医療レーザー脱毛などは日焼けによって肌が黒くなっていると痛みが強くなってしまうこともあります。肌の乾燥を防いで保湿しておく、施術の前は日焼け対策をしっかりしておくなど、対策をきちんと打っておけば痛みを感じることなく施術を終えることもできるでしょう。また、脱毛の痛みは初回が一番強いともいわれています。逆にいえば、初回を乗り切れば、痛みも徐々に気にならなくなってくるということです。光脱毛よりも医療レーザー脱毛の方が痛みは強いとされていますが、レーザー脱毛機の技術も進歩しているので、医療レーザー脱毛でもほとんど痛みを感じずに施術を受けられるようにもなっています。
もしそれでも痛みに不安があるなら、実際に施術を受ける前にカウンセリングできちんと相談してみてください。医療レーザー脱毛では、痛みに不安のある人のために麻酔をしてから施術をすることも可能です。たとえ施術中に痛みを感じることがあっても、我慢せずにお願いすれば脱毛機の出力を弱めるなどの対策もしてくれるでしょう。痛みについては不安に思う人も少なくないでしょうが、より効果の高い医療レーザー脱毛なら少ない施術回数で脱毛を完了することもできます。相談すればきちんと対応してくれるので、まずは臆さずにカウンセリングを受けてみましょう。

一覧へ
無料カウンセリングご予約はこちら